短歌雑記帳

アララギ作品評

 2012年10月号選歌後記    三宅 奈緒子

木食仏まねびてレリーフに彫りゆけば野に生きし僧の気迫伝はる 
円空と微妙に異なる木食仏土の香匂ふほほゑみを持つ
                     佐藤喜代子

 仏師木食に作者は共感を寄せて詠っているが、それは作者自身が木彫をする立場からの自然な共感で、観念的な鑑賞ではない。そこに自然で、ほのぼのとした暖かさがある。作品全体に構えのない自然さがよい。

降り籠められわびしき宵は一人行きしイギリスの旅を恋ひてやまずも 
樫材のらせん階段を上りしところドアに大きな馬蹄をつるす
                     高橋 慶子

 西欧の旅行詠は珍しくないが、この作者は三十年前のイギリス旅行を回想している。それだけの年月を経ながら具象的な各場面を描出している所に独自さがある。若さと単独旅行の緊張感が生んだものであろうか。

もとほれる湖尻は葦の角ぐみて大鷺青鷺ら群れてひそけし 
この湖の傾りにともに蕨摘みし弟は伏す病の重く
                     佐藤恵美子

 かつて亡き母に詣づると信州の山地に幾度か弟と来たが、その弟は今病床にある。その哀感が、山の湖の清涼感の中にとけ入って一連を活かしている。湖の鳥たちを描くこまやかな作者の目もよく利いている。

何ほどの力もなきに病むわれの縋りすがれるこの短詩型
辛うじて一日ひと日を生きのびる思ひに吾のけふが終れり
                     近藤 淑子

 前作の下の句には強く迫ってくるものがあり、後作「生きのびる思ひ」にも心にひびく実感がある。健康な者の何げなく送る一日が、病者にはいかに重いものか。しかしその重さをあえて表現してやまない人々がこの作者のほかにも多くあることを思い粛然とさせられる。



バックナンバー

2000年10月

2000年11月

2000年12月

2001年01月

2001年02月

2001年03月

2001年04月

2001年05月

2001年06月

2001年07月

2001年08月

2001年09月

2001年10月

2001年11月

2001年12月

2002年01月

2002年02月

2002年03月

2002年04月

2002年05月

2002年06月

2002年07月

2002年08月

2002年09月

2002年10月

2002年11月

2002年12月

2003年01月

2003年02月

2003年03月

2003年04月

2003年05月

2003年06月

2003年07月

2003年08月

2003年09月

2003年10月

2003年11月

2003年12月

2004年01月

2004年02月

2004年03月

2004年04月

2004年05月

2004年06月

2004年07月

2004年08月

2004年09月

2004年10月

2004年11月

2004年12月

2005年01月

2005年02月

2005年03月

2005年04月

2005年05月

2005年06月

2005年07月

2005年08月

2005年09月

2005年10月

2005年11月

2005年12月

2006年01月

2006年02月

2006年03月

2006年04月

2006年05月

2006年06月

2006年07月

2006年08月

2006年09月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

2007年01月

2007年02月

2007年03月

2007年04月

2007年05月

2007年06月

2007年07月

2007年08月

2007年09月

2007年10月

2007年11月

2007年12月

2008年01月

2008年02月

2008年03月

2008年04月

2008年05月

2008年06月

2008年07月

2008年08月

2008年09月

2008年10月

2008年11月

2008年12月

2009年01月

2009年02月

2009年03月

2009年04月

2009年05月

2009年06月

2009年07月

2009年08月

2009年09月

2009年10月

2009年11月

2009年12月

2010年01月

2010年02月

2010年03月

2010年04月

2010年05月

2010年06月

2010年07月

2010年08月

2010年09

2010年10月

2010年11月

2010年12月

2011年01月

2011年02月

2011年03月

2011年04月

2011年05月

2011年06月

2011年07月

2011年08月

2011年09月

2011年10月

2011年11月

2011年12月

2012年01月

2012年02月

2012年03月

2012年04月

2012年05月

2012年06月

2012年07月

2012年08月

2012年09月

2012年10月

2012年11月

2012年12月

2013年01月

2013年02月

2013年03月

2013年04月

2013年05月

2013年06月

2013年07月

2013年08月

2013年09月

2013年10月

2013年11月

2013年12月

2014年01月

2014年02月

2014年03月

2014年04月

2014年05月

2014年06月

2014年07月

2014年08月

2014年09月

2014年10月

2014年11月

2014年12月

2015年01月

2015年02月

2015年03月

2015年04月

2015年05月

2015年06月

2015年07月

2015年08月

2015年09月

2015年10月

2015年11月

2015年12月

2016年01月

2016年02月

2016年03月

2016年04月

2016年05月

2016年06月

2016年07月

2016年08月

2016年09月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年01月

2017年02月

2017年03月

2017年04月

2017年05月

2017年06月

2017年07月

2017年08月

2017年09月

2017年10月

2017年11月

2017年12月

2018年01月

2018年02月

2018年03月

2018年04月

2018年05月

2018年06月

2018年07月

2018年08月