短歌作品投稿

※当サイトの内容とは全く関係のない書き込みその他webmasterがふさわしくないと判断した内容の書き込みについては断りなく削除します。

名前
Eメール 非公開 公開または未記入
タイトル
本文 改行無効 改行有効 図/表モード <タグは使えません>

URLをリンクする
パスワード ←sin12と入力してください。(投稿専用キーです。半角英数字で入力してください)

←あなたが投稿しようとしているこの記事を削除するためのパスワードです
設定保存   


更新〕〔終了 文字列 空白で区切って複数指定した場合に 全ての語を含む いずれかの語を含む

【13425】最終稿
2017/10/19(木)18:07 - ハワイアロハ () 削除

3.二十分の蘇生術にて生き返りし夫の肋骨五本折れいる
4.十日間を病院に過ごす夫の身を知らずに父母の介護していき
5.「終活」に心が動く夫となる「俺は不死身」と言い来たりしが

【13424】最終稿
2017/10/19(木)11:26 - 時雨紫 () 削除

1.金曜の夜を潤すカルテット奏者と揺れて曲に溶け入る
2.バイオリンのピッツィカートが肌を刺しそれを撫でゆく低音のチェロ
5.演奏の終わりし一瞬の沈黙は次に弾ける喝采を呼ぶ

【13423】最終稿
2017/10/19(木)02:01 - 寺井 眞紀 () <メール送信> 削除

戦争の怖さは人を殺すこと自衛といひて支度を整ふ

原発の最終処分を棚上げし稼働つづくる国にわれ在り

戦争への歩みも原発も止められずわれも滅びに手を貸しゐるか

【13422】最終稿
2017/10/19(木)00:05 - 夢子 () 削除

B 足先に手の届かない我のため靴下履かせる大きな君の手
C 腹ばいになりて日記をつける時背を反らすのはリハビリにもなる
D リハビリの若き教師のまっすぐな姿を見れば我が膝も伸びる

【13421】最終稿
2017/10/18(水)22:58 - 仲本宏子 () 削除

@民の暮らし削りて作るミサイルに鍋釜集めし日本を思う
A透明の花瓶に活けし白百合に紫の竜胆朝日に映えり
B車窓より見ゆる神戸に「広島屋」看板なれど巡る故郷

【13420】最終稿
2017/10/18(水)21:44 - 鈴木英一 () <メール送信> 削除

3.夏休みの終わりし朝に小学生列を作りてしずしず過ぎゆく
4.ひらひらと庭に飛び来し黒アゲハ大き芋虫はどこで育ちしか
5.一面に色づきし稲田に赤とんぼ群れて飛びをり高き空まで

【13419】最終稿
2017/10/18(水)17:14 - 清原 明 () <メール送信> 削除

本堂の鰐口を鳴らす人もなく森に佇みふる雨をきく

古寺の長き廊下に猫ひとつ雨ふる庭に向きて動かず

奥の院に秘蔵の古き星の絵図青深き地に白き星々

【13418】改稿3
2017/10/18(水)04:28 - 寺井 眞紀 () <メール送信> 削除

1、戦争の怖さは人を殺すこと自衛といひて支度整ふ

3、戦争を受け入れ原発を止められずわれも滅びに手を貸してゐる

【13417】改稿2
2017/10/17(火)11:33 - 寺井 眞紀 () <メール送信> 削除

1、戦争の怖さは人を殺すこと自衛とわがいい殺す支度を

2、原発の最終処分を棚上げし稼働つづくる国にわれ在り

3、戦争を是とし原発を止められぬ人殺し仲間の一人であるわれ

【13416】改稿3
2017/10/17(火)10:51 - 清原 明 () <メール送信> 削除

3、本堂の鰐口を鳴らす人もなく森に佇みふる雨をきく

4、古寺の長き廊下に猫ひとつ雨ふる庭に向きて動かず

パスワード

 更新〕〔終了

管理用〕 新アララギ掲示板

電子掲示板プログラム名:MiniBBS2000