短歌作品投稿

※当サイトの内容とは全く関係のない書き込みその他webmasterがふさわしくないと判断した内容の書き込みについては断りなく削除します。

名前
Eメール 非公開 公開または未記入
タイトル
本文 改行無効 改行有効 図/表モード <タグは使えません>

URLをリンクする
パスワード ←sin12と入力してください。(投稿専用キーです。半角英数字で入力してください)

←あなたが投稿しようとしているこの記事を削除するためのパスワードです
設定保存   


更新〕〔終了 文字列 空白で区切って複数指定した場合に 全ての語を含む いずれかの語を含む

【13910】最終稿
2018/5/20(日)21:50 - コーラルピンク () 削除

1) わが肺にいつよりか棲む薄き影は徐々にひろがり憂いとなりぬ
2) 何年も伸ばしこし髪ばっさりと切りて5月の風を感じる
3) サロンの床に黒く山なすわが髪は過ぎし日とともに掃き捨てられつ

【13909】最終稿
2018/5/20(日)17:08 - かすみ () 削除

1、春の夜の農道歩みゆくときに朧に浮かぶ月の妖しさ
2、春の田に映り揺れいる街灯のひかりに誘われ歩み続ける
4、農道にしゃがみてしばし目を閉じる蛙(かわず)の声に夜は包まれて

【13908】最終稿
2018/5/19(土)20:47 - 鈴木英一 () <メール送信> 削除

2.芽吹き前の木立の落ち葉の間より点々とスミレ懸命に咲く
3.何という小さき花かマメザクラ日本固有種絶えることなかれ 
4.池端に枯れて垂れたるガマの穂も根元の泥土に新芽きざさむ

【13907】最終稿
2018/5/19(土)12:37 - 時雨紫 () 削除

1.泣きわめく孫をなだめる策を練る扁桃腺の手術の後に
3.飛行機が車に変身するレゴを作りし夫孫に与えず
4.皿洗いを漢字パズルに夫と賭け「五月蝿」を先に読みて寛ぐ

【13906】最終稿
2018/5/19(土)08:07 - 紅葉 () 削除

1網棚に誰かが読んだ新聞が目立って景気は上向き加減
2少しだけ偉くなるのを期待していたらし急にカゼをひきたり
3天井を眺めるだけでできるのはせいぜい歌をつくることくらい

【13905】最終稿
2018/5/18(金)16:55 - まなみ () <メール送信> 削除

2。強風に上下にゆれるヤシの葉の上で六羽のマイナも揺れる
3。山陰で早も日暮れし我が家から夕日を浴びて沖行く舟見ゆ
5。土手の上にひそやかに咲く浜木綿の白く輝く陽を浴びる時

【13904】最終稿
2018/5/18(金)03:10 - ハワイアロハ () 削除

2.泥濘める田なかの道が近道と水溜り跳びゆく母待つ部屋まで
4.訴える母の気持ちに添いくるる看護師の名を心に刻む
5.「手を振るよ、ここから見てて」と窓際に母を座らせ病室を出る

【13903】最終稿
2018/5/17(木)19:54 - 菫 () 削除

1. 海近きショッピング・モールに朝は来てアヒルの親子が気ままに啄む
3. 太極拳に目をやり嫗の商うはパパイヤ、バナナ、ハワイの野菜
4. アボカドは今日食べごろと売り込める嫗生まれはラオスといへり

【13902】最終稿
2018/5/17(木)06:02 - 夢子 () 削除


@ お前も馘クビだクビだ逆らえば馘だアメリカに現れし専制君主
C あと三年トランプ氏の行く末を拝見するまで死ねぬと思う
D トランプ氏とオリンピックを目標に毎日励む健康体操

【13901】改稿2
2018/5/16(水)20:26 - かすみ () 削除

1、春の夜の農道歩みゆくときに朧に浮かぶ月の妖しさ
2、春の田に映り揺れいる街灯のひかりに誘われ歩み続ける
3、竹藪を出でて農道に踏み入れば蛙(かわず)の合唱月夜に響く
4、農道にしゃがみてしばし目を閉じる蛙(かわず)の声に夜は包まれて
5、朧夜に農道行けば月光映す春田が両側にあり

パスワード

 更新〕〔終了

管理用〕 新アララギ掲示板

電子掲示板プログラム名:MiniBBS2000