短歌作品投稿

※当サイトの内容とは全く関係のない書き込みその他webmasterがふさわしくないと判断した内容の書き込みについては断りなく削除します。

名前
Eメール 非公開 公開または未記入
タイトル
本文 改行無効 改行有効 図/表モード <タグは使えません>

URLをリンクする
パスワード ←sin12と入力してください。(投稿専用キーです。半角英数字で入力してください)

←あなたが投稿しようとしているこの記事を削除するためのパスワードです
設定保存   


更新〕〔終了 文字列 空白で区切って複数指定した場合に 全ての語を含む いずれかの語を含む

【14268】最終稿
2018/12/13(木)09:15 - 文雄 () 削除


1、戦争の時代疎めど大方はわれ結核を患いていし
2、老いわれが老いたる妻に出来ることただ一つなる風呂掃除する
5、このまんま逝ってしまえばよいなあと思うことあり一瞬なれど

【14267】最終稿
2018/12/13(木)07:02 - 太等美穂子 () <メール送信> 削除

1、根を抜きてトマトの残渣かたづけし夏の賑わい遠くになりて
2、雪消からの農繁期はすぎゆきしいま閑(しずか)にて草も枯れくる
3、この冬の降雪は遅く大根をあらう手は心地よし冷たくなくて

【14266】改稿1
2018/12/12(水)22:03 - 山水 文絵 () 削除

2、パレットに黄色と朝日を混ぜ込めば描き出せそう金の葉の色
3、踏破せし燕(つばくろ)常念眺めおり導きし人は今傍らに
4、わさび田の澄みたる水面に映りいる二つの影にシャッター切りぬ
5、頬なでる安曇野の風キャンパスに描けばちひろの淡い虹色

【14265】改稿1
2018/12/12(水)19:26 - 時雨紫 () 削除

2. 娘より待機せよとのメッセージ急に陣痛の始まりぬらし
3. スマホを手にうとうとしたり待ちわびる赤児の報せを見逃しはせぬか
4. 報せ待つ時間(とき)をパズルに挑む夫冷静なれどマス目埋まらず
5. 遠慮げな産声あげて孫誕生娘の胸に今抱かれる

【14264】改稿3
2018/12/10(月)19:02 - 中野 美和彦 () <oomura-0910@yahoo.co.jp> 削除


 4没(しづも)りて波立つ海の輝きはしばし残れる石蕗の花

【14263】改稿1
2018/12/10(月)14:50 - 菫 () 削除

1.  帰省せぬ子に会いたくて混み合えるエアポートにて搭乗を待つ
2. クリスマスを愛する者と過ごさむと機内の客の顔は明るし
3. 光満つハワイを後に氷雨降るポートランドへ機は飛び立てり
4. 幼子を抱いて通路を往き来する女にかつての吾を重ねおり
5. 飛行機の窓から見下ろすオレゴンの街の灯りは雨に滲めり

【14262】改稿2
2018/12/10(月)00:18 - 中野 美和彦 () <oomura-0910@yahoo.co.jp> 削除

2、沈む日の輝き響動む海に満ち切岸の石蕗そのかげを受く

4、日は逝きぬ波立つ海の輝きはしばし残れる石蕗の花

5、海鳴の響動む切岸の石蕗の輝き褪せて底冷えて来ぬ

【14261】改稿1の訂正
2018/12/8(土)12:01 - つはぶき () <メール送信> 削除

2.ローズ色の形見のベストを着て映る鏡を見たり姉を感じて

【14260】改稿1
2018/12/7(金)22:55 - つはぶき () <メール送信> 削除

2、ローズ色の形見のベストを着て映す鏡の吾に姉の浮かび来
5、今にして懐かしみの湧く母と姉と山峡を行きし幾たびの出湯に

【14259】改稿 2
2018/12/7(金)18:52 - 夢子 () 削除


@ 早々と君の切りくれし杉の木を白一色に飾り付けたり
A 雪の無いハワイにも来るクリスマスふわふわの綿ツリーの上に置く
B クリスマスツリーの上のミラボール光は舞いて部屋中回る
C 五十年集めしサンタの縫いぐるみ百人も居て我を見つめる
D 苗木より息子の育てし杉の木は我が家の庭のクリスマスツリー

パスワード

 更新〕〔終了

管理用〕 新アララギ掲示板

電子掲示板プログラム名:MiniBBS2000