CYBER SHIN-ARARAGI

この掲示板は、短歌や投稿作品についての意見交換を目的としたものです。短歌作品の投稿は「作品投稿ページ」にお願いします。
・短歌のことや投稿作品についての意見等を自由にお寄せ下さい。
・投稿者の皆さん同士の意見交換も歓迎します。
・建設的な意見交換ができるよう、皆さんの協力をお願いします。
このホームページは新アララギの公式サイトですが、会員以外の方も自由に参加できます。
※当サイトの内容とは全く関係のない書き込み、その他運営委員がふさわしくないと判断した内容の書き込みは断りなく削除します。

HP運営委員 青木道枝・内田 弘・大井 力・大窪和子・小田利文
米安幸子・八木康子・今野英山(アシスタント)

名前
Eメール 非公開 公開または未記入
タイトル
本文 改行無効 改行有効 図/表モード <タグは使えません>

URLをリンクする
パスワード ←sin12と入力してください。(投稿専用キーです。半角英数字で入力してください)

←あなたが投稿しようとしているこの記事を削除するためのパスワードです
設定保存   


更新〕〔終了 文字列 空白で区切って複数指定した場合に 全ての語を含む いずれかの語を含む

【12044】山水文絵さんの改稿1へ
2018/12/13(木)14:11 - 内田 弘 () 削除

2、パレットに黄色と朝日を混ぜ込めば描き出せそう金の葉の色
 原作よりは断然面白い歌になりましたね。「出せんか」としましょうか。
3、踏破せし燕(つばくろ)常念眺めおり導きし人は今傍らに
「燕を長く眺むれば」としましょうか。詠いたい事は別にあるのかな?
4、わさび田の澄みたる水面に映りいる二つの影にシャッター切りぬ
「影をシャッターに収む」ぐらいでしょうか。
5、頬なでる安曇野の風キャンパスに描けばちひろの淡い虹色
「風を」とします。そして完成です。巧く纏まりました。

【12043】時雨紫さんの改稿1へ
2018/12/13(木)14:05 - 内田 弘 () 削除

2. 娘より待機せよとのメッセージ急に陣痛の始まりぬらし
「始まりたるらし」として完成としましょう。切迫した感じが出ています。
3. スマホを手にうとうとしたり待ちわびる赤児の報せを見逃しはせぬか
「うとうとすれば」として完成としましょう。
4. 報せ待つ時間(とき)をパズルに挑む夫冷静なれどマス目埋まらず
「待ち」と句を繋ぎましょう。「時間を」は省いて「パズルに挑む夫なれど
冷静ならずマス目の埋まらぬ」ぐらいで纏めましょうか。
5. 遠慮げな産声あげて孫誕生娘の胸に今抱かれる
「遠慮げな」は事実なのでしょうが、別な表現の方が誕生の喜びが伝わるように思いますが
如何でしょうか。むしろ「大きなる産声上げて」のほうが喜びはより伝わるのではないか
とも思いますが・・。そして「孫の誕生す」としたいですね

【12042】中野美和彦さんの改稿3へ
2018/12/13(木)13:49 - 内田 弘 () 削除

4没(しづも)りて波立つ海の輝きはしばし残れる石蕗の花
「海の輝きに」として完成としましょう。

【12041】菫さんの改稿1へ
2018/12/13(木)13:46 - 内田 弘 () 削除

1.  帰省せぬ子に会いたくて混み合えるエアポートにて搭乗を待つ
「エアポートに」と「て」を省いて完成としましょう。気持ちが良く出ています。
2. クリスマスを愛する者と過ごさむと機内の客の顔は明るし
 これではっきりしましたね。完成です。
3. 光満つハワイを後に氷雨降るポートランドへ機は飛び立てり
「光滿つる」として(連体形で名詞に繋ぎます)「わが子の住む」の方が気持ちが
出るでしょう。必ずしも「氷雨降る」は要らないでしょう。
4. 幼子を抱いて通路を往き来する女にかつての吾を重ねおり
「「吾を重ねぬ」として完結しましょうか。原作よりはすっきりしました。
5. 飛行機の窓から見下ろすオレゴンの街の灯りは雨に滲めり
 良い歌ですね。情感が籠っています。この儘にしましょう。

【12040】内田様
2018/12/13(木)07:12 - 太等美穂子 () 削除

丁寧なご指導有難うございました。最終稿を投稿させていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

【12038】つはぶき様へ
2018/12/12(水)11:59 - あご () 削除

ご丁寧なコメントを下さりありがとうございます。益々のご活躍を願っております。
1.教室の外の廊下から話かけてごめんなさい。
2.指導なんてとんでもないです。私は電気機器を設計しているお宅人間です。言葉使いは自分でも不器用過ぎてあきれています。
3.投稿ですか?自分の心を切り刻まれて(添削)、代弁されて(解説・選評)さらに点数を付けられる(秀歌)のに尻込みしています。ですから教室に入らずに廊下から覗き見して短歌の現状を把握しているのです。 

【12037】今月の秀歌と選評・その他
2018/12/11(火)08:55 - 内田 弘 () 削除

みなさんへ
今月の秀歌と選評、作品紹介が更新されました。ご覧ください。

【12036】中野美和彦さんの改稿2へ
2018/12/10(月)10:48 - 内田 弘 () 削除

2、沈む日の輝き響動む海に満ち切岸の石蕗そのかげを受く
 これで解かりますね。完成としましょう。
4、日は逝きぬ波立つ海の輝きはしばし残れる石蕗の花
「没りて・・・・・・・・・・の・・・・・・・・・・」と整えて完成としましょう。
5、海鳴の響動む切岸の石蕗の輝き褪せて底冷えて来ぬ
「切岸」のほうが良いですね。完成としましょう。

【12035】つわぶきさんの改稿1へ
2018/12/10(月)10:43 - 内田 弘 () 削除

2.ローズ色の形見のベストを着て映る鏡を見たり姉を感じて
2、ローズ色の形見のベストを着て映す鏡の吾に姉の浮かび来
 二つくらべると上の方が気持ちが出ています。作者の心を尊重して、
上の歌で完成としましょう。
5、今にして懐かしみの湧く母と姉と山峡を行きし幾たびの出湯に
 少しゴタゴタしていませんか。沢山の思い出を入れようとすると事柄が多くなって
歌としては散漫になりがちです。そこで、亡きお姉さんと山峡の出湯に「言ったことだけを
中心にして詠んでください。心が籠ると思います。

「かつて教わった(地方の会で)事ですが、1首の中に「の」は3ケ位に
止め、ほかの助詞「に」「を」などは1ケにと教わっていたのですが、そういう事
は考えなくて良いものでしょうか。敢えて「に」を省いて作りました。
私も「セーターに」「かすかに」としたい所でしたが。・・・


助詞の遣い方は難しいのですが、1首に幾つまでと言うような決まりはありません。
多用するなと言う戒めだと思いますが、5,7,5を頑なに守って助詞を省いてしまうと
詰まった表現になり、滑らかな調べにならない事がある時は避けた方がいいのです。
従って、3の歌は「セーターに」「かすかに」として構わないのです。あくまでも
その1首でどうなのかと言う事です。

【12034】夢子さんの改稿2へ
2018/12/10(月)10:29 - 内田 弘 () 削除

@ 早々と君の切りくれし杉の木を白一色に飾り付けたり
 そうですね。気持ちが籠められましたね。完成としましょう。
A 雪の無いハワイにも来るクリスマスふわふわの綿ツリーの上に置く
 この儘にしましょう。完成です。
B クリスマスツリーの上のミラボール光は舞いて部屋中回る
「ミラーボールの」と「の」を入れて完成としましょう。
C 五十年集めしサンタの縫いぐるみ百人も居て我を見つめる
 これで良いです。完成です。
D 苗木より息子の育てし杉の木は我が家の庭のクリスマスツリー
 完成です。頑張りましたよ。

パスワード

 更新〕〔終了

管理用〕 新アララギ掲示板

電子掲示板プログラム名:MiniBBS2000