CYBER SHIN-ARARAGI

この掲示板は、短歌や投稿作品についての意見交換を目的としたものです。短歌作品の投稿は「作品投稿ページ」にお願いします。
・短歌のことや投稿作品についての意見等を自由にお寄せ下さい。
・投稿者の皆さん同士の意見交換も歓迎します。
・建設的な意見交換ができるよう、皆さんの協力をお願いします。
このホームページは新アララギの公式サイトですが、会員以外の方も自由に参加できます。
※当サイトの内容とは全く関係のない書き込み、その他運営委員がふさわしくないと判断した内容の書き込みは断りなく削除します。

HP運営委員 青木道枝・内田 弘・大井 力・大窪和子・小田利文
小谷 稔・米安幸子・八木康子・今野英山(アシスタント)

名前
Eメール 非公開 公開または未記入
タイトル
本文 改行無効 改行有効 図/表モード <タグは使えません>

URLをリンクする
パスワード ←sin12と入力してください。(投稿専用キーです。半角英数字で入力してください)

←あなたが投稿しようとしているこの記事を削除するためのパスワードです
設定保存   


更新〕〔終了 文字列 空白で区切って複数指定した場合に 全ての語を含む いずれかの語を含む

【11941】八木様
2018/10/15(月)13:26 - ハワイアロハ () 削除

どちらが良いか、決めかねました。宜しくお願い致します。

【11940】時雨紫さんの改稿 1に
2018/10/14(日)14:01 - 八木 康子 () 削除

1.濃茶好きの友の忌日に呈茶して「練り加減よし」の声を聞きたし
  初稿の「愛でし」が、過去形ということもあり、よかったと思います。  
2.目を閉じて茶の練りぐあいを香にて知り茶筅の音に濃さを確む
3.亡き友の手ほどき受けし茶の深さ今日も暗闇に茶を練りあげる
     に       濃茶の道
             日を思い
             そのままに
4.好物の栗まんじゅう添え試みに夫に濃茶の練り加減問う
  結句、ぴったりの言葉を見つけられましたね。
5.練るほどに茶に甘み増すと夫の云い緑の口髭静かに拭う
  ご主人の口元が目に浮かびます。まさに写生ですね。  

【11939】ハワイアロハさんの改稿2に
2018/10/14(日)13:43 - 八木 康子 () 削除

1.秋雨に群がる鴉を眺めおり再入院の母の窓より
「秋雨に群がる」は「・・の降る中に・・」の意味ですよね。
  「群れ飛ぶ」だと暢気になりますか。
  「群がる」は「群れをなす」イメージと捉えれば元のままでいいと思いますが。
2.この我の腕の中にて逝きたいと言い来し母の願い叶えん
3.母親の満腹中枢壊れしか食べても食べてもまた口を開く
4.ハワイより毎月介護に帰省する我が健康を今は恃まん
5.ホノルルの空の青さの深まりて今日は暮れゆく何事もなく
  夕暮れ方の感慨が上の句と呼応して一層迫る作になりました。  

【11938】八木様
2018/10/13(土)11:01 - ハワイアロハ () 削除

連作の時、歌の順をどのように考えるのかをご指導いただき有難うございます。5番が唐突な感じかと思っていたのですが、4番に「ハワイ」という言葉が出て来たので、上手く繋がったと思いました。5番の「今日は過ぎゆく」を「今日は暮れゆく」と変えてみました。

【11937】八木康子様
2018/10/13(土)05:18 - はずき () 削除

色々のご指導で「すっきりと定型で決まりました」とのコメントとても嬉しかったです。本当にありがとうございました。
最終稿に入りたいと思います。

【11936】『今月の秀歌と選評』再更新されました。
2018/10/12(金)15:42 - 八木 康子 () 削除

お待たせしました。
『今月の秀歌と選評』再更新されました。
どうぞもう一度ご覧になってください。

【11935】鈴木さんの改稿2に
2018/10/12(金)15:36 - 八木 康子 () 削除

1.ポートランドでやっと空中トラムの駅に着けどロープの張り替え工事
  「やっと」は大切な心境なのですね。
  ポートランドをカットしますか。
  ようやくに着きたる空中トラムの駅まさかロープの張り替え中とは
2.初めてのポートランドの到着階背なより不意に孫ら飛びつく
  これで。
3.アリゾナのどこまで続く大荒原ハイウエイII(アイ)17ひたすら
  初稿に戻って       I17をひたすら走る  
  あるいは                 飛ばす
  「ハイウエイ」はなくても結句で分かる気がしてきました。     
4.かって住みしフェニックスに友を訪(と)ふ華氏115度の熱風の中
  これですっとわかるようになりました。よく耳にするのは「かって」ですが、正しくは現代も「かつて」です。鈴木さんは新仮名遣いですから「訪う」。華氏115度は摂氏だと46度なのですね。

【11934】まなみさんの改稿 1に
2018/10/12(金)14:56 - 八木 康子 () 削除

1。運動にジムに来てさえ無意識に入り口近くのパーキング探す
これでよくわかるようになりました。
2。立ち並ぶフィトネスマシンに囲まれて不思議の国のアリスの心地す
  これも。
3。颯爽とトレッドミルに走る人のとなりでバーに掴まり歩く
  目に見えるようになりました。作者も登場しましたね。
4。トレイナーに励まされつつようやくに上腕筋の運動こなす
  やはり実地に体験している作者ならでは、ですね。
5。衰えの進み始めし筋肉を鍛える日々に覚悟を決める
  志に敬服します。こういう概括もいいですが、まだ日にちもあるのでここももう一首上記のような臨場感のある歌はどうでしょう。

【11933】はずきさんの改稿3に
2018/10/11(木)15:40 - 八木 康子 () 削除

4)友は泣くステージ4のその夫に何をしてももう変わらずと
私の提案よりずっとすっきりと定型で決まりました。
5)葬送の5発の大砲よみがえるパンチボールに友と参りぬ
  これで。短歌ですので漢数字で「五発」と。

【11932】時雨紫さんの初稿に
2018/10/10(水)20:17 - 八木 康子 () 削除

茶道のことはあまりよくわからないので、ピントはずれかもしれません。参考までにしてください。
1.濃茶愛でし友の忌日に呈茶して「練り加減よし」と声あげさせたし
  結句は亡くなったその友に「合格」と声を上げさせたいということですか。                      「練り加減よし」の声を聞きたし
2.目瞑りて茶の練りぐあいを香にて知る茶筅の音に濃さを確む
  目を閉じて       香にて知り
              香にはかり    
3.暗闇に茶を練り上げる練習をわれに勧めし友はヒーロー
                      を尊ぶ
                      を忘れじ 
4.手作りの栗まんじゅうを小出しして夫に濃茶を試し喫みさす
  好物の       添え 試みに夫に濃茶の加減うかがう
                    濃茶の程をうかがう    
5.練り方に茶の甘み増す手ごたえに午後の日差しの手首を包む
  下の句は「午後の日差しが手首を包む」の意味でしょうか。
  上の句との連携がよくわかりません。

「声を上げさせたい」「試し飲みをさせる」のような「使役」の表現は短歌では使うことを良しとしないようです。

パスワード

 更新〕〔終了

管理用〕 新アララギ掲示板

電子掲示板プログラム名:MiniBBS2000