短歌作品投稿

※当サイトの内容とは全く関係のない書き込みその他webmasterがふさわしくないと判断した内容の書き込みについては断りなく削除します。

名前
Eメール 非公開 公開または未記入
タイトル
本文 改行無効 改行有効 図/表モード <タグは使えません>

URLをリンクする
パスワード ←sin12と入力してください。(投稿専用キーです。半角英数字で入力してください)

←あなたが投稿しようとしているこの記事を削除するためのパスワードです
設定保存   


更新〕〔終了 文字列 空白で区切って複数指定した場合に 全ての語を含む いずれかの語を含む

【16481】改稿1
2021/12/1(水)08:16 - 原田 好美 () 削除

冬の陽に満天星(どうだんつつじ)照らされて鮮やかに見ゆ山茶花の下
2杖つきて一歩また一歩とリハビリに「維持が大事」と唱えて励む
3片麻痺の身体になりて六年余歌との出会いにわれ救われる
4小学校英語専科の教員を希望す甥は現在(いま)を映せり
5第六波来るかもしれぬその前に母の墓前に参る案を練る

【16480】改稿1
2021/12/1(水)07:08 - 夢子 () <Joydreams0234@gmail.com> 削除

@命あれば今日も目覚めて伸びをする又ひと眠りする雨の降る朝

A 何首もの歌のわき来るこの朝にペンを手探るベッドの周り

B 平穏な日々に慣れたるハワイにてアフガニスタンの惨状ひびく

C 血圧を測り出したる頃よりか我と我が身の専門医になる

D 寝落ちしたココとラッキーの居るベッドすきま見つけてそっと寄り添う

【16479】初稿
2021/11/30(火)09:58 - 紅葉 () 削除

1.解法が見つけられずに終わるのか一瞬よぎったゲームオーバー
2.得意だと思い込みたる科目こそ一番不安になってしまひぬ
3.再現答案を書いたらあとは蓋をして寝かしておかむわれもいっしょに
4.正解を知れば知るほどこれからは自己嫌悪する時間とならむ
5.合格と今年は思う気にならず頭がガンガン痛くなりだす

【16478】初稿
2021/11/29(月)14:50 - 原田 好美 () 削除

1冬の陽に満天星照らされて鮮やかに見ゆ山茶花の下
2杖つきて一歩一歩とリハビリに「維持が大事」と唱えて励む
3片麻痺の身体になりて六年余短歌に出会い救われ生きる
4小学校英語専科になると言う甥の選択現在(いま)を映せり
5第六波来るかもしれぬその前に母の墓前に参る案立つ

【16477】初稿
2021/11/29(月)13:55 - 鮫島洋二郎 () <sameshima100@yahoo.co.jp> 削除

1 しなとべの風にほどよい柿すだれ破れ庇に媼が独り
2 勤労に感謝の今朝も男らは島の港に荷役するなり
3 個性などは何と小さく貧しくて藁一本に頼る思いか
4 一人食ふほか弁当のベランダにこんこんちきさ小春日の昼
5 わたつみの海の彼方を雁が行くますます遠し俊寛の島
よろしくお願いいたします。

【16475】初稿
2021/11/29(月)00:35 - くるまえび () <kurumashrimp@gmail.com> 削除

 1、 一生をエビ養殖に夢賭けて成し遂げ終わる我が人生よ 
 2、 長年を辛いこの世を生きてきて歳をとりても忘れはしまい
 3、 大学でうなぎの研究我なるも夢を賭けしはエビの養殖
 4、 病床のベッドで過ごしてただ思ういかに終焉迎えるべきか
 5、 祈りしは一度だけなる人生だ悔いなく過ごす余生を生きよ

【16474】初稿
2021/11/29(月)00:28 - 大村繁樹 () <oomura_0910@yahoo.co.jp> 削除

1,朝霧は九頭竜川に立ちわたり三国山へと這ひ昇るらし

2,衰へゆく足鍛へむと歩み来れば妻の愛でゐし露草咲けり

3,底ごもる雄島の海鳴絶えずして荒磯に寄せて砕け散る波

4,底ごもる海鳴響かふ椨(たぶ)の森木漏れ日に光り揺るる下草

5.金木犀「東大病の人は嫌ひよ」と花の下に君言ひ放ち五十年経ぬ

【16473】初稿
2021/11/27(土)23:40 - 夢子 () <メール送信> 削除


@命あれば今日も目覚めて伸びをする又ひと眠りするも良きかな

A 何首もの歌のわき来るこの朝にペンを手探る薄明かりかな

B 平穏な日々に慣れたる老体にアフガニスタンの惨状ひびく

C 健康が気になり出した頃よりか我と我が身の専門医になる

D 寝落ちしたココとラッキーの居るベッド空き地見つけてそっと寄り添う

【16472】最終稿
2021/11/20(土)12:38 - はなえ () 削除

1,実物に近くはあるが吾が絵には何の情緒も表れて来ず
3,リアルさを追ったつもりがキャンバスは不要な描写で溢れておりき
4,足すことに執着しいし吾の画は引いて初めて活きいきとする

【16471】最終稿
2021/11/20(土)05:23 - 大村繁樹 () <oomura_0910@yahoo.co.jp> 削除

1 曉(あかとき)に妻の気配に目覚め出で共に歩みゐし土手道へ上る
2,妻と幾度来し九頭竜川の河口へとひとり行く土手に差しくる朝の日
5,欅散るに浮かび来る妻の微笑みよその朝(あした)送られ出でしが終になりたり

パスワード

 更新〕〔終了

管理用〕 新アララギ掲示板

電子掲示板プログラム名:MiniBBS2000