CYBER SHIN-ARARAGI

この掲示板は、短歌や投稿作品についての意見交換を目的としたものです。短歌作品の投稿は「作品投稿ページ」にお願いします。
・短歌のことや投稿作品についての意見等を自由にお寄せ下さい。
・投稿者の皆さん同士の意見交換も歓迎します。
・建設的な意見交換ができるよう、皆さんの協力をお願いします。
このホームページは新アララギの公式サイトですが、会員以外の方も自由に参加できます。
※当サイトの内容とは全く関係のない書き込み、その他運営委員がふさわしくないと判断した内容の書き込みは断りなく削除します。

HP運営委員 大窪和子・小田利文・小松 昶・米安幸子
清野八枝・八木康子・金野久子(アシスタント)

名前
Eメール 非公開 公開または未記入
タイトル
本文 改行無効 改行有効 図/表モード <タグは使えません>

URLをリンクする
パスワード ←sin12と入力してください。(投稿専用キーです。半角英数字で入力してください)

←あなたが投稿しようとしているこの記事を削除するためのパスワードです
設定保存   


更新〕〔終了 文字列 空白で区切って複数指定した場合に 全ての語を含む いずれかの語を含む

【14152】清水さんの初稿に
2021/6/14(月)21:49 - 小松 昶 () 削除

清水さん、また、頑張りましょう。

1、発熱しコロナだろうか暗闇で布団の輪郭見つめておりぬ
 不安な心境が暗闇以下で感じられますね。1,2句の繋がりがやや違和感がありますので、「発熱は」とするか、「発熱しコロナ疑う、、」「発熱しコロナ恐れる、、、」などでしょうか。

2、コロナ用診療所は外にあり白きドームで採血される
 二句が6音で字足らずです、「診療施設は」など1音字余りの方がましですが、別案は?。

3、箸を置く家族が終わりし夕食の音を寝室で聞いている
 予防的自宅待機(隔離)ですね。上句、語順を調節して、できれば「、、、、、箸を置く音を寝室で、、」としたいですね。工夫してみましょう。

4、閉めるたびアルコール撒くドアノブは旅館のようにしんと光りて
 家人に感染を広げないために神経を尖らせている様子が窺えます。ドアノブが光る、ならアルコールを「撒く」より「アルコールに拭く」が適切かと。

5、停止した家じゅうの空気動かして母に知らせるコロナ陰性と
 よかったですね!結句、字余りなので、「コロナ陰性」だけでもよいですね。お好みで。

 改稿をお待ちします。

【14151】菫さんの改稿1に
2021/6/13(日)13:12 - 小松 昶 () 削除

1.聞きなれぬ声に呼ばれて振り向けば声変わりせし隣の息子
2.去年よりぐっと背の伸びし少年のホルンの音色徐々に澄みくる   
3.卒業を祝う蘭のレイ コロナ禍に手渡しとなるハグ省かれて
5.天井の小穴にヤモリ走り込みケケケと鳴きて夜は深まる

すべて完成で。最終稿3首を自選して20日24時までにご投稿ください。

【14150】はなさんの改稿1に
2021/6/13(日)13:10 - 小松 昶 () 削除

@ざわざわと一斉に木々は声挙げる初夏(はつなつ)告げる夕べの風に
A洗い髪苗田の風に吹かれつつ帰宅を急ぐ飛び魚のごと
B蝶の羽かすかに揺れる蜘蛛の巣は子供をあやす揺りかごの様
D雨含む夜風に部屋を冷やしたり昼の騒めき忘れんとして

全て完成で。Dは「部屋を」の代わりに「寝室」でも可。お好みで。

最終稿3首を自選して20日24時までにご投稿ください。

【14149】菫さんの初稿に
2021/6/12(土)15:34 - 小松 昶 () 削除

菫さん、またよろしくお願いします。

1.聞きなれぬ声に呼ばれて振り向けば声変わりせし隣家の息子
 隣家の、でもよいですが、硬いし、隣(となり)の、がよいでしょう。

2.去年よりぐっと背伸びし少年のホルンの音色徐々に澄みくる   
 このままでよいですが、念のため「背(せい)」とフリガナをつけるか、字余りでも「背の伸びし」とすると、「背伸びをする」との一瞬の誤読の恐れがなくなりますが、お好みで。完成で。

3.コロナ禍に卒業祝う蘭のレイも手渡しとなるハグ省かれて
 現代を捉えていてこのままでも分かりますが、「コロナ禍に」の位置を三句に持ってくる方が自然ですね。例えば「卒業祝う蘭のレイ掛けコロナ禍に手渡しとなる、、」など。

4.陽光にブライダルブーケ咲き誇り白き花束天に差し伸ぶ
 季節感、心弾みが眩しい!完成で。

5.天井の小穴にヤモリ走り込みケケケと鳴きて深まれる夜
 ヤモリが鳴くのは知りませんでした。寂寥のなかにヤモリへの親愛感がユーモラスに表現されました。結句は「夜の深まる」とすると心の動きが出ます。お好みで。完成です。

 全体によく詠めています。改稿をお待ちします。

【14148】大井さんの改稿2に
2021/6/12(土)15:16 - 小松 昶 () 削除

1,スマートフォンのホーム画面の通知欄が静かに知らせる祖父の入院
 これで完成としてよいでしょう。尤も、「通知欄が」の「が」は省略できますので(定型になり読みやすい)、お好みで。

5,寝付けない夜の暗闇によみがえるすこし昔の死別の記憶
 完成です。

 全体に良い歌です。最終稿3首を自選して20日24時までにご投稿ください。

【14147】はなさんの初稿に
2021/6/12(土)15:11 - 小松 昶 () 削除

はなさん、またよろしくお願いします。

@一斉に木々が声挙ぐざわざわと初夏告げる夕べの風に
 このままで季節感にあふれ作者の心情も込められていると思います。
上句は倒置でなく「ざわざわと一斉に木々は声挙げる、、、」とする方が通りがよいかと。また初夏(はつなつ)と振るほうが間違いがないかな。お好みで。

A洗い髪を苗田の風に吹かれつつ帰宅を急ぐ飛び魚のごと
 清涼感が生き生きしていてよいですね。ただ、髪を風に吹かれつつ、と言う構文が気になるので、(つまり、正しくは髪「が、は」風に吹かれる、)初句は「を」省きましょう、定型にもなりますし。それで完成です。

B蝶の羽かすかに揺れる蜘蛛の巣は子供をあやす揺りかごの様に
 よく観察していますね。自然界の摂理と残酷さとが軽いタッチでさらりと歌われていて、、、不気味な感じもします。結句の「に」はないほうが、意味の上でも定型になるという意味でも良いと思います。それで完成です。

C移りゆく初夏の日差しを追いかけて蕾付けたる梔子移す
 素敵です!早くもあの甘い香りまで匂ってきます。完成で。

D雨含む夜風に寝屋を冷やしたり昼の騒めき忘れんがため
 雰囲気のある良い歌ですね。「寝屋」が古臭い感じですから他の言葉はないですか?また、「忘れんがために」がやや理(ことわり)めいているので「忘れんとして」くらいのほうがすんなりいくかと。

全体によく詠めています。改稿をお待ちします。

【14146】上野さんの改稿3に
2021/6/11(金)22:47 - 小松 昶 () 削除

3.モレッティ一杯飲みて振り返るけふと言ふ日に身を尽くししか
 完成です。

4.横たはる白寿の媼笑みて「子に案ずるなと便へて」と言ふ
 三句が字足らずですので、「微笑みて(ほほえみて)」にし、「便へて」は「伝へて」ですね。それで完成です。

 最終稿3首を自選して20日24時までにご投稿ください。

【14145】鈴木さんの改稿2に
2021/6/11(金)22:40 - 小松 昶 () 削除

3.切り通しにむき出す岩の上に木が根張り岩ごと抱かえるごとし
 迫力がでてきました。「切り通しにむき出しの岩の、、、」の方がわかりよいですね。「根張り」は「根を張り」、「抱かえる」は「抱える」として完成としましょう。
 
 改稿をお待ちします。

【14144】はずきさんの改稿3+に
2021/6/11(金)09:45 - 小松 昶 () 削除

5)ミケルソンの二度の優勝は並外れし日々の努力の賜物ならん

完成です。最後までよく踏ん張って下さいました。

最終稿3首を自選して20日24時までにご投稿ください。

【14143】村上さんの初稿に
2021/6/9(水)22:55 - 小松 昶 () 削除

初めまして。よろしくお願いします。

 投稿の際に題は不要で、「初稿」などとお書きください。歌には整理しやすいように1.2.など番号を付けてください。

1.泣き濡れた 桜は落ちる 五月雨に
  浮かばりけらん 実らぬ思いよ
 思いは深い片恋のようで気持ちはよくでていますが、「浮かばりけらん」が意味不明です。上句も、「泣きぬれた桜の花が五月雨によって落ちる」のか、「五月雨に泣きぬれた桜の花が落ちる」のか分かるように工夫しましょう。

2.燕鳴き 梅雨の時雨が ひたひたと
  渡り鳥らが 所帯持ち
 上句、梅雨と時雨は季節が異なるので、ここでは「梅雨」だけでよいでしょう。結句が五音と字足らずで、半端な終わり方ですのでできれば七音、中途半端でない終わり方はないでしょうか?半端でも(一人身の作者との比較と言う意味で)余韻が残ればそれはそれで悪くはないですが。

3.花嫁を 遠く見送る 紫陽花や
  我はいつぞや 結婚するか

 思いは分かります。ただ、下句がこなれない言い方かと。「我が結婚はいつぞや」とは言いますが。上句に「や」を使っていますので下句でも使うのはややうるさいです。定型になるようにいろいろ工夫してみましょう。

 改稿をお待ちします。

パスワード

 更新〕〔終了

管理用〕 新アララギ掲示板

電子掲示板プログラム名:MiniBBS2000