CYBER SHIN-ARARAGI

この掲示板は、短歌や投稿作品についての意見交換を目的としたものです。短歌作品の投稿は「作品投稿ページ」にお願いします。
・短歌のことや投稿作品についての意見等を自由にお寄せ下さい。
・投稿者の皆さん同士の意見交換も歓迎します。
・建設的な意見交換ができるよう、皆さんの協力をお願いします。
このホームページは新アララギの公式サイトですが、会員以外の方も自由に参加できます。
※当サイトの内容とは全く関係のない書き込み、その他運営委員がふさわしくないと判断した内容の書き込みは断りなく削除します。

HP運営委員 大窪和子・小田利文・小松 昶・清野八枝
水野康幸・八木康子

名前
Eメール 非公開 公開または未記入
タイトル
本文 改行無効 改行有効 図/表モード <タグは使えません>

URLをリンクする
パスワード ←sin12と入力してください。(投稿専用キーです。半角英数字で入力してください)

←あなたが投稿しようとしているこの記事を削除するためのパスワードです
設定保存   


更新〕〔終了 文字列 空白で区切って複数指定した場合に 全ての語を含む いずれかの語を含む

【16517】はなさんの改稿1に
2024/6/16(日)00:20 - 大窪和子 () 削除

@帰り来てドアを開ければ香の満つる友に貰いし梔子の鉢
   梔子は鉢だったのですね。「香り満つ」と上の句で切ったほうがいいでしょう。
   「疲れ癒さる」が抜けましたが、それは言わずもがなのことだから、これでいいと
   思います。部屋の中にあればことさらに香はたつでしょうね。
A向かい風に立漕ぎして行く男子生徒白きワイシャツ夏陽を弾く
   「白きワイシャツ」素晴らしい。いい言葉をみつけましたね。素敵な歌になりました。
B果てしなき麦の畑の真ん中を一両電車音立てて行く
   初句、広々とした感じがでました。電車がすうっと小さくなって景が大きくなりました。
   私の好きな土屋文明の歌を紹介しましょう。「どろどろと繋がり長き貨車過ぎて
   響きはこもる原の大地に」力強い歌でしょう? 参考までに。
Cゆずり葉のあおき若葉は風に揺るやがて散りゆく古葉のあわいに
   何気ない歌だけれど、樹木の営みを捉えていて、いいと思います。
D映画館出れば眩みし夏の陽に外界すべては銀に
   闇から光の中へ出た一瞬を捉えていてなかなかです。これでいいでしょう。

【16516】大窪和子先生
2024/6/15(土)18:46 - 時雨紫 () 削除

初稿の投稿が旅行中のため、大変遅くなり申し訳ございません。コメントをいただけましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

【16515】はなさんの初稿に
2024/6/14(金)00:41 - 大窪和子 () 削除

@帰り来てドアを開ければ梔子の甘き香りに疲れ癒さる
   梔子はどこかに挿してあるのでしょう? それを言わないと、家の中に咲いている
   みたい。「甘い香り」はなくても。「・・卓に挿す梔子の香に・・」など。一案です。
A向かい風に立漕ぎで行く男子生夏服の白夏陽を弾き
   自転車ですね。情景が爽やかに伝わります。「男子生徒」と字余りになっても。下の句
   「夏服の白が夏陽を弾く」「立ち漕ぎしてゆく」の方がいいですかね。「夏服」と
   「夏陽」で「夏」が重なるのでちょっと考えてみましょう。
B黄金なす麦の畑の真ん中を一両電車音立てて行く
   農村ののどかな風景がよく伝わります。初句は「黄金なす」よりも広々としている
   ことを詠ったほうが伸びやかさが加わりますね。考えてみましょう。
Cゆずり葉のあおき若葉は風に揺るいずれ散りゆく古葉のあわいに
   新しい葉と古い葉の入れ替わる情景ね。下の句「間なく散りゆく」か「やがて散りゆく」か。
   さて?
D映画館出れば眩みし夏の陽よ外界すべては銀に輝く
   内容はよくわかりますが「よ」がいけない。「に」としないと。それで暗いところから
   日差しの中へ出た時の感じが伝わります。

【16514】笹もちさんの初稿に
2024/6/14(金)00:05 - 大窪和子 () 削除

1、脇役におちついているわたくしにドラマティックな失恋生まれる
    恋人の傍で着かず離れずみたいに落ち着いて暮していたのに、ある日突然ドラマが
    起ったのですね。そして自分が失恋したことに気づいた。不思議な人間関係が伝わります。
    面白いといってはお気の毒ですが、深刻でなくさらりと詠んでるけど印象的です。
2、妻と子と大事なものがふえたのね結婚に行きつくふたりを見し
    恋人に変化が生まれたのですね。人生の一大事。でも、ままあることです。
    結句は「見たり」と。ショックでしたね。
3、もたれると遠ざけていた洋食を食べる気でいる失恋した日
    胃にもたれるのですね。失恋してやけ食いしたって話ききますよ。今までと
    違った行動をとってみたくなるのですね。分かります。
4、エビフライ失恋の味になりましてでっかく甘いあたま喰い込む
    以後エビフライを食べるたびに思い出す。ちょっと辛いわね。感情的に表現して
    いないところがいいです。
5、できたての恋と拍手に疲れはて野鳥の声を拾いに出かける
    この歌はよく判らない。すぐに新しい恋人ができたのですか? 「拍手」というのは
    何の拍手? 教えてください。

【16513】鈴木さんの改稿2に
2024/6/13(木)23:32 - 大窪和子 () 削除

1.雪柳風の吹くたび大きく揺れ細き枝ごと飛ばされさうに
2.我が庭の柏葉アジサイ満開に花を広げて環を成す真昼
3.喜寿にして最後の大学クラス会よくぞ続けしと古き画面観る
    ここまでの3首はこれでいいと思います。それぞれに雰囲気があります。
4.二十年経て訪れし校舎一新行き交ふ学生の態度も変はる
    この歌「母校」が抜けましたがいいですか? 少し字余りになりますけど、「訪れし」を
    「‥訪ねし母校の校舎一新・・」として下の句に繋げてはどうでしょう。

【16512】つくしさんの改稿1に
2024/6/13(木)23:18 - 大窪和子 () 削除

1. 父の椅子母の椅子が食卓にありし日のまま彳んでいる
    この結句でご両親の椅子がなんとなく人間くさく感じられ、面白いです。
    「佇む」でもいいけれど、ちょっと冒険してみると印象的な歌になったりします。
2. 会いたいと思ひし日には父母の椅子に座りて語りかけるわれ
    此の歌が連作としてあるのがとてもいいと思います。ご両親への慕わしさが、
    かなしみと共に伝わってきます。2首ともに、これでいいでしょう。
4. ウクライナとガザは古の戦国時代二十一世紀になぜ止められぬのか
    ほんと。人間は愚かなものですね。下の句「この二十一世紀になぜ止められぬ」と
    するとくっきりするのでは?
5. 己が息子が最初に戦場に行くのなら国の主は戦起こすか
    ウクライナ、ロシア、イスラエル、パレスチナ、どれだけの若者や子供が命を
    落したことでしょう。独裁者の身勝手さは目にあまりますね。この通りだと
    思います。


【16511】少しお待ちを!
2024/6/13(木)09:37 - 大窪和子 () 削除

 いそがしい外出が続いています。今夜は何とかコメントしたいと思っていますので、
暫くおまちください。どうぞ、よろしく!

【16510】大窪先生へ
2024/6/12(水)07:12 - 原田 好美 () 削除

ありがとうございました
娘と孫(蒼太といいます)によいはなむけになります

【16509】原田さんの改稿5に
2024/6/11(火)23:21 - 大窪和子 () 削除

みどりご抱き乳を飲ませる娘の笑顔に現れ出でぬ母の幸せ
   これで完成としましょうね。微笑ましい、けれど内容は深い、いい歌になりました。

【16508】はずきさんの改稿2に
2024/6/9(日)23:48 - 大窪和子 () 削除

3)家族みなハワイに移住し二十年多趣味で多くの活躍されし
    「多趣味に」のほうが丁寧です。結句は「活躍されき」とはっきり止めたほうが。
4)ラジオにての野球解説は謙虚なるもの言いに聞く人をよろこばしし
    こういう話を作者は効いたのでしょう? でしたら結句に「よろこばししと」
    した方が、これも丁寧だと思います。こういう謡い方を伝聞といって、難しいのですが
    この2首は内容をうまく捉えていると思います。

パスワード

 更新〕〔終了

管理用〕 新アララギ掲示板

電子掲示板プログラム名:MiniBBS2000