作品投稿

作品募集要項

短歌をお寄せ下さい。作品には運営委員による指導があります。以下の手順でお願いします。

(1)「初稿」の提出。1人1か月に5首まで。自作未発表作品であること
(2)「改稿」の提出。「掲示板」での添削等を取り入れた改作。この提出は月3回程度。
(3)毎月20日までに「最終稿」と明記して、1人3首まで(厳守)を、指導を受けた作品の中から自選して、あらためて提出
(4)ハンドルネームを使用してもよいが、混乱が生じやすいので頻繁に変えないこと。
(5)「新アララギ」本誌の会員は、ここに投稿した作品を本誌に二重投稿することのないように注意する。
(6) 投稿された作品は選抜の上、「新アララギ」誌上又はインターネット上のホームページに掲載される。掲載後は原則、削除や消去は不可である。


作品投稿ページ

投稿はこちら

今月の秀歌と選評



 (2017年11月) < *印 新仮名遣い

大窪 和子(新アララギ編集委員)



秀作



中野 美和彦


目も口も動かせぬ弟何を見る死に近き母を逝かしめよと言ふらし
家にて死なむ母の望みに人々の集ひ手筈を整へくれぬ



評)
人の生涯に遭遇する最も重い悲しみを詠っている。細かい事情は分らないが、悲しみのなかに肉親の情愛や人々のやさしさが感じられる。それを大げさでなく坦々と表現しているところが優れている。



天宮 じゅん


吹き荒れる風に向かいてゆく人の歩きスマホとすれ違いたり
哀しみに伏すわが傍にいてくれし猫は病院に独り逝きたり



評)
1首目は現代人の一種異様な光景をさらりと捉えていて面白い。2首目は心を通わせた猫との別れが哀切である。結句「独りで逝きたり」となっていたが「で」を省いた。



かすみ


今もなお記憶に残る幼き日よ虐待なりしと気付くさびしさ
暴力は親の弱さと認めし時楽になりたり幼き吾は



評)
幼い頃の哀しみの記憶は生涯こころに留まるものだ。しかしこの作者はそれをただ哀しみだけの記憶とはしていない。その出来事を越える強さ、賢さがこの2首から伝わり感動する。 



来 宮


ロヒンギャの難民救うはスーチー女史迫害に耐えた貴女しかいない
背後より気配を消して飛びて来しトンビの爪痕我が手に残る



評)
時代はテロと難民を生み、混沌としている。ロヒンギャの人々の惨状も何とかならないものだろうかと、思わずスーチー女史に呼びかけた率直な表現は胸を打つ。2首目はトンビとの一瞬の触れ合いをうまく捉えて魅力がある。



ハワイアロハ


二十分の蘇生術にて生き返りし夫の肋骨五本折れいる
十日間を病院に過ごす夫の身を知らずに父母の介護していき



評)
故郷の両親を介護するために日本に滞在している間に大変なことが起っていたという2首。心からのお見舞いを!感情を交えず坦々と詠まれているが背後にあるやるせない思いは十分に伝わる。



コーラルピンク


胸叩き心燃やせと語りしキューバの老ミュージシャンを今も忘れず
風の音が怖いと我の添い寝する娘小さき身を硬くして



評)
心惹かれるキューバのアーティストへの思いが歯切れよく力強く詠われていて魅力のある1首目。一転、子育ての日常から掬い取られた2首目は、母親の愛情がさりげなく表現されていて好もしい。



ハナキリン


棺の上に置かれし海軍帽厳しき叔父の在りし日懐(おも)う
携帯に幼(おさな)の写真を見せあいて弔いの場に命を愛でる



評)
先の戦争で使用された海軍帽ならば叔父上はかなりの高齢であろう。その死を悼みながら、親族が幼い子供の写真を見せ合う。そこに命の連鎖ある。葬儀の場での心温まる情景を捉えてよい作品になった。



時雨紫


バイオリンのピッツィカートが肌を刺しそれを撫でゆく低音のチェロ
演奏の終わりし一瞬の沈黙は次に弾ける喝采を呼ぶ



評)
ヨーロッパの旅で聴いたカルテットを詠っている。音楽鑑賞の歌は難しいが、1首目、演奏を全身で聴き味わっている様子が伝わる。2首目も演奏の終わった瞬間をうまく捉えて共感させられた。


佳作



仲本 宏子


民の暮らし削りて作るミサイルに鍋釜集めし日本を思う
車窓より見ゆる神戸に「広島屋」看板なれど巡る故郷



評)
北朝鮮の指導者の現実とかつての戦争に於けるこの国の歴史とを重ね合せて、人間のやることは繰り返すのかという作者の嘆きが背後に伝わる。2首目はさりげない望郷の歌として味わいがある。



寺井 眞紀


戦争の怖さは人を殺すこと自衛といひて支度を整ふ
戦争への歩みも原発も止められずわれも滅びに手を貸しゐるか



評)
時事詠は難しい。メヂィアの焼き直しになりがちである。この2首は自分なりの言葉で、自分に引きつけて詠むことでそれを免れた。少し概念的な感じがするので、狭くてもいいから具体的な視点で作ってみるといいと思う。



紅 葉


今年出た試験問題をやってみるやってやれない気にはなりたり
ミサイルの警戒地域と呼ばれてもわが家にもぐる地下壕はなし



評)
何気ない日常の中からちょっと特徴のある事柄を捉えていて面白い。2首目も北朝鮮の脅威をいいながら、どこかマスコミなどとは温度差のある庶民の感覚が期せずして詠われたという感じがする。



夢 子


足先に手の届かない我のため靴下履かせる大きな君の手
リハビリの若き教師のまっすぐな姿を見れば我が膝も伸びる



評)
身体を傷めたときなど、いつもは考えない身近な人の優しさに気付く。結句の具体的な言葉がそれを素直に表していて共感する。2首目もリハビリの教師の若さに自分も若返るような気分をうまく表現した。共に結句がよい。



鈴木 英一


夏休みの終わりし朝に小学生列を作りてしずしず過ぎゆく
ひらひらと庭に飛び来し黒アゲハ大き芋虫はどこで育ちしか



評)
久し振りに登校する生徒たちのちょっと緊張した様子がうまく捉えられた。また、黒い揚羽蝶は身近に見るとかなり大きい。いったいその幼虫はどこで育ったのだろうという素朴な疑問に共感する。敢えて「芋虫」といったところが面白い。



文 雄


要介護のわれに週一度添ひくるるナースのあなたはしばしの恋人



評)
介護してくれるナースへの感謝の気持ちがほのぼのと伝わる。いつまでも若さを失わない心が感じられる明るい歌。



清原 明


本堂の鰐口を鳴らす人もなく森に佇みふる雨をきく
古寺の長き廊下に猫ひとつ雨ふる庭に向きて動かず


評)
深い森のなかの古寺の雰囲気が上の句でうまく捉えられて、雨に佇む作者の姿も彷彿する。廊下にぽつねんといる猫に目をとめたのもなかなか。落ち着いた連作になった。



谷 喜一


倶利古曽のこの山道を味真野へ下り泥みしか中臣宅守
味真野に宿れる君と記す歌碑かたへを鳥の羽音過ぎゆく


評)
初めは硬い見慣れない漢字が羅列されていてどうなることかと心配した。評者のコメントをとらえてここまでまとめられたことに敬意を表す。古い時代の人を詠むのはむずかしいが、二首目、下の句で現実感が出た。



文 弥


わが病癒してくれる良薬はリハビリスタッフとの楽しき会話
友からの手紙に添えある一枚の木の葉の栞にこころ和みぬ


評)
かなり苦労してここまでまとめられた努力に拍手。優しい感性が感じられるので、今回の経験を生かして続けてほしい。まず、詠いたい事柄の中心を把握すること、何回も声に出して読み返すこと、実行してください。



原 英洋


掛け時計と腕時計の秒針が互い違いと響きいたりき


評)
4句、「互い違いに」でないと文脈が整わない。表現したいことがまだ出しきれていない未完成作。面白い歌になるかもしれない期待をこめて。


寸言


 短歌はうまく作ろうとするとうまく行かないものです。それよりも率直に作ることを心がけましょう。日々の暮しの中からふと呼びかけられたように歌の素材が見えてくることがあります。それに応えるとき素直な心の動きを捉えることが出来るように思います。
 写生とは生命を写すこと。心の動きを伝えるものです。私たちを取り巻く様々な事柄からの呼びかけを取り落さないように、いつも心に柔らかい受け皿を持ちましょう。

大窪 和子(新アララギ編集委員)


バックナンバー

2000年11月

2000年12月

2001年01月

2001年02月

2001年03月

2001年04月

2001年05月

2001年06月

2001年07月

2001年08月

2001年09月

2001年10月

2001年11月

2001年12月

2002年01月

2002年02月

2002年03月

2002年04月

2002年05月

2002年06月

2002年07月

2002年08月

2002年09月

2002年10月

2002年11月

2002年12月

2003年01月

2003年02月

2003年03月

2003年04月

2003年05月

2003年06月

2003年07月

2003年08月

2003年09月

2003年10月

2003年11月

2003年12月

2004年01月

2004年02月

2004年03月

2004年04月

2004年05月

2004年06月

2004年07月

2004年08月

2004年09月

2004年10月

2004年11月

2004年12月

2005年01月

2005年02月

2005年03月

2005年04月

2005年05月

2005年06月

2005年07月

2005年08月

2005年09月

2005年10月

2005年11月

2005年12月

2006年01月

2006年02月

2006年03月

2006年04月

2006年05月

2006年06月

2006年07月

2006年08月

2006年09月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

2007年01月

2007年02月

2007年03月

2007年04月

2007年05月

2007年06月

2007年07月

2007年08月

2007年09月

2007年10月

2007年11月

2007年12月

2008年01月

2008年02月

2008年03月

2008年04月

2008年05月

2008年06月

2008年07月

2008年08月

2008年09月

2008年10月

2008年11月

2008年12月

2009年01月

2009年02月

2009年03月

2009年04月

2009年05月

2009年06月

2009年07月

2009年08月

2009年09月

2009年10月

2009年11月

2009年12月

2010年01月

2010年02月

2010年03月

2010年04月

2010年05月

2010年06月

2010年07月

2010年08月

2010年09月

2010年10月

2010年11月

2010年12月

2011年01月

2011年02月

2011年03月

2011年04月

2011年05月

2011年06月

2011年07月

2011年08月

2011年09月

2011年10月

2011年11月

2011年12月

2012年01月

2012年02月

2012年03月

2012年04月

2012年05月

2012年06月

2012年07月

2012年08月

2012年09月

2012年10月

2012年11月

2012年12月

2013年01月

2013年02月

2013年03月

2013年04月

2013年05月

2013年06月

2013年07月

2013年08月

2013年09月

2013年10月

2013年11月

2013年12月

2014年01月

2014年02月

2014年03月

2014年04月

2014年05月

2014年06月

2014年07月

2014年08月

2014年09月

2014年10月

2014年11月

2014年12月

2015年01月

2015年02月

2015年03月

2015年04月

2015年05月

2015年06月

2015年07月

2015年08月

2015年09月

2015年10月

2015年11月

2015年12月

2016年01月

2016年02月

2016年03月

2016年04月

2016年05月

2016年06月

2016年07月

2016年08月

2016年09月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年01月

2017年02月

2017年03月

2017年04月

2017年05月

2017年06月

2017年07月

2017年08月
  2017年09月
  2017年10月