作品投稿

作品募集要項

短歌をお寄せ下さい。作品には運営委員による指導があります。以下の手順でお願いします。

(1)「初稿」の提出。1人1か月に5首まで。自作未発表作品であること
(2)「改稿」の提出。「掲示板」での添削等を取り入れた改作。この提出は月3回程度。
(3)毎月20日までに「最終稿」と明記して、1人3首まで(厳守)を、指導を受けた作品の中から自選して、あらためて提出
(4)ハンドルネームを使用してもよいが、混乱が生じやすいので頻繁に変えないこと。
(5)「新アララギ」本誌の会員は、ここに投稿した作品を本誌に二重投稿することのないように注意する。
(6) 投稿された作品は選抜の上、「新アララギ」誌上又はインターネット上のホームページに掲載される。掲載後は原則、削除や消去は不可である。


作品投稿ページ

投稿はこちら

今月の秀歌と選評



 (2018年2月) < *印 新仮名遣い

八木 康子(新アララギ会員)



秀作



ハワイアロハ *


ありったけの鍋に水張りカーテンを閉め回る娘につられて動く
今日までの平和な日々を思いつつ子を抱く娘と肩寄せしゃがむ


評)
北朝鮮からハワイにミサイルが発射されたという緊急警報におののく様がリアルに表現された。最終稿に提出されなかった5首中の1首目は、まだ現実と思えない戸惑いがそのまま詠まれ、雰囲気を捉えていた。



紅 葉 *


生え際の薄さ目に立つ日帰りで名古屋を往復しただけなのに


評)
出張から帰ってふと手にした空白の時間だったのだろう。日々見ている筈なのに意識すらしていなかった生え際、言外に追われるように過ごした日々を描いて、共感を呼ぶ作品となった。



来 宮  *


年の瀬の父母の命日テーブルに遺影も置きてメリークリスマス


評)
結句は想像もできなかった明るい展開で、生前のご両親との日々も彷彿とさせ、ほのぼのと温かい気持ちに包まれる一首になった。



つはぶき *


松が枝の剪定なす手の早まりぬ師走晴るる間ぱらつく雨に


評)
5首ともに日々の暮らしの息遣いが伝わり、どんなことにも熱く取り組む作者の姿勢がそのまま完成への道になった。表現を短歌らしくと思う必要はないので、もっと楽に普段の言葉で、今のままの歌材の見つけ方で進んでほしい。



原 英洋 *


川風を節くれ立った枝振りて引っ掻くように揺れる街路樹


評)
最初は視点の変わった詠みぶりにちょっと違和感があったが、隠喩を直喩に変えるという作者のひらめきによって、こんなに印象が変わるものかと驚いた。


佳作



仲本 宏子 *


来る年に「平成」もまた閉じられむ我が人生の濃き三十年



評)
平成がこんなに早く閉じられるとは、という思いは誰にもあったのではないだろうか。多くの人の思いが力むことなく代弁され、自身に引き付けた下の句で奥行のある歌になった。



時雨紫 *


白足袋の摺り足の音今し消え「平花月」の札手早く回る



評)
茶席の緊張感と臨場感が丁寧に捉えられた。「窓の辺に日向ぼこする夫の背の毛玉がまぶし冬の陽浴びて」も、歌集にまとめる折にはぜひ入れて欲しい情景鮮明な一首と思う。



かすみ *


幼なかりし頃と変わらぬ大きさで冬の夜空にオリオン光る



評)
素材の特異さばかりでなく、このようなふとした感慨も見逃すことなく一首にできる力を備えた作者に期待したい。



くるまえび  *


戌年のカネオヘ湾の初日の出静かに昇り海面照らす



評)
平明な歌の中に作者の長い人生のドラマが豊かにたゆたっているようだ。「海面(うなも)を照らす」と助詞を。



夢 子 *


桃太郎の凛々しき顔に引き込まれ本屋より黙って抱き持ち帰りき



評)
ちょっと酸っぱい思い出を歌にした勇気にエールを送りたい。結句は「抱き(いだき)帰りき」と。キャンディの包み紙で校舎の廊下を磨いた歌も、興味深いものだった。今後も作者ならではの記憶を披露してほしい。



中野 美和彦 *


父母(ちちはは)も妻も逝きたる庭先に満天星の芽の赤くきらめく



評)
去来する思い出が幾重にも尽きない日々なのだろう。「きらめく」は、満天星の芽を見たままに「角ぐむ」とすると、より心境に添うように思う。



鈴木 英一 *


藪道を分けてたどりし飛鳥の古墳柵で閉ざされし石室覗く



評)
明日香での新鮮な感動が背伸びすることなく詠まれ、同行している気分になった。「レンタサイクル次々と過ぐ」の歌も高揚感がのびのびと表現された。


寸言


 選歌後記

 今回「先人の歌」に取り上げたのは、このHPの発足当時、時に先輩として助言をくださった新津澄子氏です。その心に住み続けたというアドバイスをご紹介します。

「休んで疲れるという言葉がある。
できなくとも苦しんで作れ。
続けることが大切だ。」

 継続の原点として「休んで疲れる」は至言だと思いました。「今回は休詠しようか」という悪魔のささやきが聞こえた時のために胸に刻んでおきたいものです。そう言えば「締め切りはわが友」と言った人もいました。共に大切にしたい言葉です。

八木 康子(新アララギ会員)


バックナンバー

2000年11月

2000年12月

2001年01月

2001年02月

2001年03月

2001年04月

2001年05月

2001年06月

2001年07月

2001年08月

2001年09月

2001年10月

2001年11月

2001年12月

2002年01月

2002年02月

2002年03月

2002年04月

2002年05月

2002年06月

2002年07月

2002年08月

2002年09月

2002年10月

2002年11月

2002年12月

2003年01月

2003年02月

2003年03月

2003年04月

2003年05月

2003年06月

2003年07月

2003年08月

2003年09月

2003年10月

2003年11月

2003年12月

2004年01月

2004年02月

2004年03月

2004年04月

2004年05月

2004年06月

2004年07月

2004年08月

2004年09月

2004年10月

2004年11月

2004年12月

2005年01月

2005年02月

2005年03月

2005年04月

2005年05月

2005年06月

2005年07月

2005年08月

2005年09月

2005年10月

2005年11月

2005年12月

2006年01月

2006年02月

2006年03月

2006年04月

2006年05月

2006年06月

2006年07月

2006年08月

2006年09月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

2007年01月

2007年02月

2007年03月

2007年04月

2007年05月

2007年06月

2007年07月

2007年08月

2007年09月

2007年10月

2007年11月

2007年12月

2008年01月

2008年02月

2008年03月

2008年04月

2008年05月

2008年06月

2008年07月

2008年08月

2008年09月

2008年10月

2008年11月

2008年12月

2009年01月

2009年02月

2009年03月

2009年04月

2009年05月

2009年06月

2009年07月

2009年08月

2009年09月

2009年10月

2009年11月

2009年12月

2010年01月

2010年02月

2010年03月

2010年04月

2010年05月

2010年06月

2010年07月

2010年08月

2010年09月

2010年10月

2010年11月

2010年12月

2011年01月

2011年02月

2011年03月

2011年04月

2011年05月

2011年06月

2011年07月

2011年08月

2011年09月

2011年10月

2011年11月

2011年12月

2012年01月

2012年02月

2012年03月

2012年04月

2012年05月

2012年06月

2012年07月

2012年08月

2012年09月

2012年10月

2012年11月

2012年12月

2013年01月

2013年02月

2013年03月

2013年04月

2013年05月

2013年06月

2013年07月

2013年08月

2013年09月

2013年10月

2013年11月

2013年12月

2014年01月

2014年02月

2014年03月

2014年04月

2014年05月

2014年06月

2014年07月

2014年08月

2014年09月

2014年10月

2014年11月

2014年12月

2015年01月

2015年02月

2015年03月

2015年04月

2015年05月

2015年06月

2015年07月

2015年08月

2015年09月

2015年10月

2015年11月

2015年12月

2016年01月

2016年02月

2016年03月

2016年04月

2016年05月

2016年06月

2016年07月

2016年08月

2016年09月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年01月

2017年02月

2017年03月

2017年04月

2017年05月

2017年06月

2017年07月

2017年08月
  2017年09月
  2017年10月
  2017年11月
  2017年12月
  2018年01月