作品投稿

作品募集要項

短歌をお寄せ下さい。作品には運営委員による指導があります。以下の手順でお願いします。

(1)「初稿」の提出。1人1か月に5首まで。自作未発表作品であること
(2)「改稿」の提出。「掲示板」での添削等を取り入れた改作。この提出は月3回程度。
(3)毎月20日までに「最終稿」と明記して、1人3首まで(厳守)を、指導を受けた作品の中から自選して、あらためて提出
(4)ハンドルネームを使用してもよいが、混乱が生じやすいので頻繁に変えないこと。
(5)「新アララギ」本誌の会員は、ここに投稿した作品を本誌に二重投稿することのないように注意する。
(6) 投稿された作品は選抜の上、「新アララギ」誌上又はインターネット上のホームページに掲載される。掲載後は原則、削除や消去は不可である。


作品投稿ページ

投稿はこちら

今月の秀歌と選評



 (2019年6月) < *印 新仮名遣い

大窪 和子(新アララギ編集委員)



秀作



コーラルピンク *


人波に母の手とられて泣きし娘の今は憶せず車両に飛び乗る
我が胸に頬を預けて目を閉じる幼き娘スーツの森に



評)
電車通学を通して娘の成長を見守り、母と子の心の通い合いを温かく描いて情感がある。シチュエーションも新鮮。一首目の結句は「飛び込む」を「飛び乗る」として掲載した。



原 英洋 *


ブルマンのコーヒーを買った昨日かと季語を調べて時の日を知る
闇を照らす光の膜が収斂して滴り落ちるアート鑑賞



評)
ブルマン、季語、時の日など一見突飛に感じられる語が結びついて成程と納得させられる。新鮮でたのしい。後の歌、闇と光の織りなすアートの立体空間を通り抜けてゆく気分が伝わる。



山水 文絵 *


蛍舞う闇夜の森を迷い出でし小さき光が道にこぼるる
肩寄せて青き美ら海眺めいるふたつの背中白き砂浜


評)
蛍の競演の中からこぼれ出た小さい光に目を留めて、繊細な美しい歌になった。あとの歌、「美ら海」がきいている。余計な説明を省いて情景をそのまま映して成功している。



文 雄 *


襲い来る老いの怠さに「しんどい」と言ってみる妻の居ないところで
預金の名義不動産の名義移し終え今日も一人の部屋に歌詠む


評)
老いを受け入れている作者。けれどふと漏らす弱音に妻への気配りを忘れない。一首目は下の句で生きた。二首目、悠々自適といってもいい暮しの中にそこはかとなく滲む寂しさに惹かれる。



大村 繁樹


麻痺しゆく弟に語る幼き日共にかづきて貽貝いがいとりしを
潜きしは「さき」の浦かと問ふ我の手に応へあり力のかぎりの


評)
難病で話すこともできない弟さんとの、ぎりぎりの触れ合いを詠った二首。思い出を語りかける兄の手に力のかぎり応える弟、二人の深い哀しみが伝わる。




深き闇を高速バスはひた走るかそけき息の母へ母へと
人気なき施設のそこのみ灯が点り仏となりたる母は美し


評)
この一首目と、最終稿に省かれた二首がよかった。「ありがとう」をもう一度という歌。バス停で涙をみせるお姉さんの歌。切迫した悲しみに力があった。この二首目も悪くはないが、少しゆとりが生まれている。やはり現実と確り向き合った歌には敵わない。


佳作



まなみ *


杖を頼りに危なっかしく歩む夫三歩ゆくごと待ちて合わせる
乳がんの検診終わりて渡されしバラの一輪ほのかに香る


評)
夫への優しい労りが滲み出て居て感動する。上の句と下の句の間は空けないないほうがいい。一転、自身の検診のあと気配りのある対応に心和む作者の気持ちが素直に表現されていて、読むほうもうれしくなる。  



ハワイアロハ *


後味の悪き映画にカサつきし胸に沁みくる幼児の声
「LOVE YOU」と互いに言いて息子との偶の電話は短く終わる


評)
二首共に微妙な感覚をうまく捉えている。幼児の声はどのような時にも妙薬となることに共感。後の歌は互いに忙しい日常の中、ことに息子との会話は用件のみになりがち。しかし一種の言い習わしかもしれないが、初句が効いている。



時雨紫 *


退職を間近に控え帰宅後のピアノ練習に夫は意気込む
耳栓の探せぬときは急用と夫の背に言い急ぎ外出


評)
退職後にと長年の夢だったのだろうご主人の励み。理解しつつも、初心のピアノの響きにときには食傷する作者。しかしそれとは言わずに、ユーモアをもって対応する。賢明な間の取り方に夫婦円満が目に見えるようだ。



鈴木 英一 *


山城を映す木曽川に昼の鵜飼い休みなく潜るそのさま哀れ
知多の海は朝早くから波高し予約の底引き網は中止か


評)
旅行者の視点での感慨がうまく捉えられている。昼間の鵜飼は幻想的な夜とは違った鵜の動きに感じるものがあるのだろう。底引き網を観ることが出来なくて残念。少し軽いが率直な表現に好感が持てる。



夢 子 *


生きているただそれだけに満ち足りて終わりの日々を短歌に親しむ
年老いて嬉しき時は君と居て旨きもの食い酌み交わす時


評)
人生の原点に立ち返ったような一首目。そして心を通わせることの出来る人との幸せを満喫している二首目。君との関り方、その様子がチラリとでも見えてくると、深みが出てもっとよくなると思う。



はづき *


山火事はパラダイスの町を焼き尽くし加州は未曾有の被害出したり
黒煙に目先が見えず車降り逃げ惑う人あり火の手に巻かれて


評)
山火事という大きな災害が「パラダイス」、楽園という町に襲ったとは何とも皮肉である。この時作者はどこに居て、どんな状況だったのか。その立ち位置が解かると訴える力が強くなる。



紅 葉 *


参加者に女性はひとりも見あたらず資格試験の模試の始まる
しばらくはポカンとしたい配られた解答集は見る気になれず


評)
やはり何の資格試験なのかは、漠然とでもわかった方がいい。読み手はその疑問に意識がいってしまう。解かれば二首目の面白さももっと生きてくると思う。


寸言
 

 令和という元号を迎え、特に変わることもないか、と思いつつ、やはり時代ということを考える。G20サミットが終り、そこに集った首脳たちの間に流れるものは、さまざまな思惑を絡めてこの時代の縮図でもあったろう。大なり小なり私達はその縮図の広がりの中に生きている。けして大げさなことではなく、短歌は時代に触れて作られなければならないと思う。自分を取り巻くささやかな現実いまを憶せず詠み取って行きたいと思う。


バックナンバー

2000年11月

2000年12月

2001年01月

2001年02月

2001年03月

2001年04月

2001年05月

2001年06月

2001年07月

2001年08月

2001年09月

2001年10月

2001年11月

2001年12月

2002年01月

2002年02月

2002年03月

2002年04月

2002年05月

2002年06月

2002年07月

2002年08月

2002年09月

2002年10月

2002年11月

2002年12月

2003年01月

2003年02月

2003年03月

2003年04月

2003年05月

2003年06月

2003年07月

2003年08月

2003年09月

2003年10月

2003年11月

2003年12月

2004年01月

2004年02月

2004年03月

2004年04月

2004年05月

2004年06月

2004年07月

2004年08月

2004年09月

2004年10月

2004年11月

2004年12月

2005年01月

2005年02月

2005年03月

2005年04月

2005年05月

2005年06月

2005年07月

2005年08月

2005年09月

2005年10月

2005年11月

2005年12月

2006年01月

2006年02月

2006年03月

2006年04月

2006年05月

2006年06月

2006年07月

2006年08月

2006年09月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

2007年01月

2007年02月

2007年03月

2007年04月

2007年05月

2007年06月

2007年07月

2007年08月

2007年09月

2007年10月

2007年11月

2007年12月

2008年01月

2008年02月

2008年03月

2008年04月

2008年05月

2008年06月

2008年07月

2008年08月

2008年09月

2008年10月

2008年11月

2008年12月

2009年01月

2009年02月

2009年03月

2009年04月

2009年05月

2009年06月

2009年07月

2009年08月

2009年09月

2009年10月

2009年11月

2009年12月

2010年01月

2010年02月

2010年03月

2010年04月

2010年05月

2010年06月

2010年07月

2010年08月

2010年09月

2010年10月

2010年11月

2010年12月

2011年01月

2011年02月

2011年03月

2011年04月

2011年05月

2011年06月

2011年07月

2011年08月

2011年09月

2011年10月

2011年11月

2011年12月

2012年01月

2012年02月

2012年03月

2012年04月

2012年05月

2012年06月

2012年07月

2012年08月

2012年09月

2012年10月

2012年11月

2012年12月

2013年01月

2013年02月

2013年03月

2013年04月

2013年05月

2013年06月

2013年07月

2013年08月

2013年09月

2013年10月

2013年11月

2013年12月

2014年01月

2014年02月

2014年03月

2014年04月

2014年05月

2014年06月

2014年07月

2014年08月

2014年09月

2014年10月

2014年11月

2014年12月

2015年01月

2015年02月

2015年03月

2015年04月

2015年05月

2015年06月

2015年07月

2015年08月

2015年09月

2015年10月

2015年11月

2015年12月

2016年01月

2016年02月

2016年03月

2016年04月

2016年05月

2016年06月

2016年07月

2016年08月

2016年09月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年01月

2017年02月

2017年03月

2017年04月

2017年05月

2017年06月

2017年07月

2017年08月
  2017年09月
  2017年10月
  2017年11月
  2017年12月
  2018年01月
  2018年02月
  2018年03月
  2018年04月
  2018年05月
  2018年06月
  2018年07月
  2018年08月
  2018年10月
  2018年11月
  2018年12月
  2019年01月
  2019年02月
  2019年03月
  2019年04月
  2019年05月
  2019年06月