作品投稿

作品募集要項

短歌をお寄せ下さい。作品には運営委員による指導があります。以下の手順でお願いします。

(1)「初稿」の提出。1人1か月に5首まで。自作未発表作品であること
(2)「改稿」の提出。「掲示板」での添削等を取り入れた改作。この提出は月3回程度。
(3)毎月20日までに「最終稿」と明記して、1人3首まで(厳守)を、指導を受けた作品の中から自選して、あらためて提出
(4)ハンドルネームを使用してもよいが、混乱が生じやすいので頻繁に変えないこと。
(5)「新アララギ」本誌の会員は、ここに投稿した作品を本誌に二重投稿することのないように注意する。
(6) 投稿された作品は選抜の上、「新アララギ」誌上又はインターネット上のホームページに掲載される。掲載後は原則、削除や消去は不可である。


作品投稿ページ

投稿はこちら

今月の秀歌と選評



 (2017年10月) < *印 新仮名遣い

大井 力(新アララギ選者)



秀作



清原 明


夜の更けを命危ふき母囲み山の麓に家族集ひぬ



評)
茂吉の歌を連想してしまうが、作者は作者なりに今の自分の歌としていよう。歌は叙情歌であるが、叙事でも情緒を伴うものである。背景に深い作者の思いがあるのを見逃してはなるまい。



ハワイアロハ *


十四時間かけてようやくたどり着く吾を待つ父母の施設のドアに


評)
ここにもグローバル化した今日がある。長い時間を掛けて父母の待つ施設に辿り着く作者、父母と交し合う声が聞こえるような作である。



仲本 宏子


憲兵に抗へざりし戦前に似て来し今と翁が言ひぬ



評)
人は簡単に過去を忘れる。七十二年前のことは繰り返し述べなくてはなるまい。この翁の発言は重い。作者が七十数年前に思いを馳せることはまた作者の感慨として貴重である。 



かすみ *


シリアよりオーストラリアに逃れ来し人とラインに言葉を交わす



評)
この作も今の歌である。世界の果てには紛争が絶えない。この作は一切そういう理屈は述べていない。和平の尊さを間接的に主張。時勢が激しく動く中の巧みな作。



もみぢ


虫送りの松明の炎(ひ)が縦横に動きて闇にしるけく匂ふ



評)
叙景の歌として注目。鮮やかに闇の風景が読者の目にも浮かぶ。「虫送り」とは死語と思っていたがまだこういう美しい農作業が残るのか。この作は叙景歌であり、叙情歌である。力がないと詠えない。



原 英洋


すぐ止みし同僚からの着信に用を聞くべく電話を掛けぬ



評)
電子技術の進歩は着信記録に相手を知る事ができる。当たり前のことではあるがこれも今の歌である。歌は時代と共にあるのを実感させる作である。



時雨紫 *


書の師より頂きたりしかな料紙最後の袋に手を添え入れぬ



評)
この作は古きよきものを大切にするこころが動いているのが分かり、心地よい歌である。一首全体に作者の思いが籠っているのがいい。 



中野 美和彦


足も手も目ももう唇も動かせぬ弟が問へばベッドに呻く



評)
弟を思うこころが詠わせているのが分かる。冷静でありながら激しく動く作者の思いがよく伝わるいい歌である。



天宮 じゅん *


後ろより襲われて心身傷つきし六年前を日記にしるす



評)
これ以上はあらわに詠めない事情が、ぎりぎりの表現で述べられ ている。PTSD(後遺症)の歌が投稿にあるのに注目。日記にしるすことができる作者に六年という時間が過ぎた。時間は優しいのか酷いのか、考えを深くさせてくれる作である。


佳作



森田 郁代 *


加齢による病と言われ気づきたり時は確かに進んでいると



評)
人は過ぎてゆくかけがいのない時間に気付かない。結句のありかた、倒置法のありかたをもう一度考えてもいい歌である。いまは原作を尊重した。



鈴木 英一


はや野良着身につく友がトウモロコシボキリともぎて渡してくれぬ


評)
定年後の友との交流であろうか。いきいきと描かれている。擬音が良く効いている。擬音は使い方が難しいのであるが、ここは友への思いが勝っていてよく消化されている。



来 宮


同期会の笑顔の写真と共に来しメールに一行君の訃報が


評)
結句の「訃報が」と尻切れの印象があった。ここは「君の訃がある」とでも進言すべきであったがこのままでも十分通用すると思う。



コーラルピンク *


病い後の不自由憂う義母なれどパイ生地の味は昔と変わらず


評)
「憂う」は「託(かこ)つ」のほうがいいと思ったが、義母を思うこころはよく出ていると思う。優しい思いの溢れる歌である。



夢 子 *


ふと開けし古き菓子箱にくろぐろと蟻が巣をかけ群がりいたり



評)
対象を凝視するというか、かまけていた身の回りを整理するのであろうか、蟻をも凝視の対象にする思いは歌に対しての心構えであろう。



ハナキリン *


病院の最上階に人影の集いて上がる花火待ちたり


評)
作者は入院しているのか?原作からは不明。ただの嘱目でもなさ そう。はかない時間のすぎゆきを感じさせる作である。



紅 葉 *


ひそかにも思いを寄せし面差しは妻と良く似たきみとなりぬる


評)
結句のふるめかしい表現が損をしていまいか?しかし作者の思いはよくわかる。ここは「面差しの妻と良く似しきみとなりいつ」くらいでいいのではないか。



谷 喜一


みどり濃き山の間辿り恋ひて来しここ味真野に沢胡桃(さはぐるみ)白し


評)
丁寧にまわりをよく見ているのがいい。単なる叙景ではなく思い入れがよくわかる作である。



御宮野 はたけ


炊き立ての香るご飯に黒き蠅ひとつとまりて食欲失せぬ


評)
キャンプ先でのことか、わからないが、こういう写生から歌は入る。 じっと見詰める、ここからはじめている作者に敬意をはらいたい。今後に期待しよう。



相市 思咲


黙考し明治文学腹に抱き長じて三十路言葉少なし


評)
初句が無駄であるようで、それでいて妙に胸に入る作である。歌は作ることから入るのか?読むことから入るのか?恐らく同時であろう。写実の歌からじっくり読むことを勧めたい。これからの作に期待しての佳作選出である。


寸言


 今月も真剣に歌に向かう作が多く、コメントを出すのに手応えがあってコメントの出し甲斐があったというか、ひとりひとりの作者の生き方に敬意を払うことができた。まだ手探りの方も見受けられたが、自らに真剣に向き合うということは、身近の自然の営みを見たり、自分の心に素直に向き合うことであると思う。つまり歌にするべきものと丁寧に向き合う事に外ならない。写生、写実に徹することからはじまると私はいまでも信じている。ところが素直であるとか、見たままというのが結局一番難しいことであると何年経っても思うからまた面白い。

大井 力(新アララギ選者)


バックナンバー

2000年11月

2000年12月

2001年01月

2001年02月

2001年03月

2001年04月

2001年05月

2001年06月

2001年07月

2001年08月

2001年09月

2001年10月

2001年11月

2001年12月

2002年01月

2002年02月

2002年03月

2002年04月

2002年05月

2002年06月

2002年07月

2002年08月

2002年09月

2002年10月

2002年11月

2002年12月

2003年01月

2003年02月

2003年03月

2003年04月

2003年05月

2003年06月

2003年07月

2003年08月

2003年09月

2003年10月

2003年11月

2003年12月

2004年01月

2004年02月

2004年03月

2004年04月

2004年05月

2004年06月

2004年07月

2004年08月

2004年09月

2004年10月

2004年11月

2004年12月

2005年01月

2005年02月

2005年03月

2005年04月

2005年05月

2005年06月

2005年07月

2005年08月

2005年09月

2005年10月

2005年11月

2005年12月

2006年01月

2006年02月

2006年03月

2006年04月

2006年05月

2006年06月

2006年07月

2006年08月

2006年09月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

2007年01月

2007年02月

2007年03月

2007年04月

2007年05月

2007年06月

2007年07月

2007年08月

2007年09月

2007年10月

2007年11月

2007年12月

2008年01月

2008年02月

2008年03月

2008年04月

2008年05月

2008年06月

2008年07月

2008年08月

2008年09月

2008年10月

2008年11月

2008年12月

2009年01月

2009年02月

2009年03月

2009年04月

2009年05月

2009年06月

2009年07月

2009年08月

2009年09月

2009年10月

2009年11月

2009年12月

2010年01月

2010年02月

2010年03月

2010年04月

2010年05月

2010年06月

2010年07月

2010年08月

2010年09月

2010年10月

2010年11月

2010年12月

2011年01月

2011年02月

2011年03月

2011年04月

2011年05月

2011年06月

2011年07月

2011年08月

2011年09月

2011年10月

2011年11月

2011年12月

2012年01月

2012年02月

2012年03月

2012年04月

2012年05月

2012年06月

2012年07月

2012年08月

2012年09月

2012年10月

2012年11月

2012年12月

2013年01月

2013年02月

2013年03月

2013年04月

2013年05月

2013年06月

2013年07月

2013年08月

2013年09月

2013年10月

2013年11月

2013年12月

2014年01月

2014年02月

2014年03月

2014年04月

2014年05月

2014年06月

2014年07月

2014年08月

2014年09月

2014年10月

2014年11月

2014年12月

2015年01月

2015年02月

2015年03月

2015年04月

2015年05月

2015年06月

2015年07月

2015年08月

2015年09月

2015年10月

2015年11月

2015年12月

2016年01月

2016年02月

2016年03月

2016年04月

2016年05月

2016年06月

2016年07月

2016年08月

2016年09月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年01月

2017年02月

2017年03月

2017年04月

2017年05月

2017年06月

2017年07月

2017年08月
  2017年09月