作品紹介

選者の歌
(平成30年12月号) < *印 新仮名遣い >


  東 京 吉村 睦人

好きだけど短歌うたの下手なりし父なりきそれと殆ど変らざるわれ
亡き母と久し振りに会ひし夢コスモスの咲く花野の中にて


  奈 良 小谷 稔

半世紀紛糾つづきし大滝ダムわが秋海棠のふるさとにして
平成九年アララギ潰え秋海棠はその秋迎へて庭に咲きつぐ


  東 京 雁部 貞夫

札幌の雪の夜道に倒れたりし友元気にて車椅子こぐ
この友と石狩湾を北上し増毛目指しき「雄冬」の岬を越えて


  さいたま 倉林 美千子

息豊かに詠ひし人麻呂学問に勤しみし憶良同い年とぞ
子を詠ひ世の不条理を訴へて歌の分野を広げし憶良


  東 京 實藤 恒子

講義終へ出で湯に通ふ幾年かサウナに水にオイルマッサージに
「はつさ」とも読み得る「発作」を五味先生の療養中の歌より学ぶ


  四日市 大井 力

先に手を出したが負けと身にしみて思ひ続けて八十幾年
ふと吾をかげろふの如きもの過ぐる為すことのなき日々のひととき


  小 山 星野 清

体力の幾らか戻りこの春に月下美人を植ゑ替へしたり
久々に植ゑ替へすれば咲かざりし月下美人に二度目の蕾


運営委員の歌


  甲 府 青木 道枝 *

うつくしく鳥の声してふたり黙す窓あけ放つ草はらの家
「君らしくないね」ふとした言葉なれど私らしさは求め求めん


  札 幌 内田 弘 *

ビルの半身はんみを照らして日はい没る西の方手稲の嶺が黒ずみ初めぬ
集めたる蜜を均等に巣に注ぎ働き蜂の深き眠りよ


  横 浜 大窪 和子

同じところで解らなくなり繰り返す夢の中にて踊るワルツは
幼マリをサマースクールに預け姉妹にてスコットランド旅するわが娘たち


  能 美 小田 利文

「バイバイ」と子が手を振りし病室にて義父は逝きたり半時間後なりき
剥き出しの死が目の前に運ばれて煤けし脛の骨を砕きつ


  東広島 米安 幸子

雨風に倒れし古き石ひとつおこして二人線香手向く
山栗を伐りて日のさす山の墓地とほき祖先の石も照らさる


  島 田 八木 康子

オレンジに光る小さな反射鏡アゲハチョウ寄り来て羽打ち止まず
小石川植物園に見上げたりハンカチノキの花と彩雲


  柏 今野 英山(アシスタント)

もしここがコンサートホールならと惜しみつつヴァイオリニストの技に聴き入る
空調もきかずにライトを浴びて弾く市民ホールのそこが限界



先人の歌


  小谷稔短歌集 『ふるさと』 “母”より

牛の仔を伴ひて母の嫁ぎ来しその山道も荒れて家絶ゆ
風過ぐるざわめきに似て猿の群の林を移る母のふるさと
痴呆の兆し見え来し母の華やかに手鞠てまりをかがる手わざ確かに
若き日の茶摘の歌を唱ふ母痴呆は過ぎしよき日を呼ぶか
山の村に一生ひとよを過ぎて母の脚の強きもかなし呆けてさまよふ
九十の手のしなやかに箸持つをひとりよろこびふるさとを去る

 この歌集のあとがきに、「子どものころのふるさとの生活は、土と草木と水と生き物、つまり大自然への親しみ、大自然への畏敬という尊いものを生得的に心に与えてくれた。わたしの短歌の原動力がここにある。」と書いておられる。
 ふるさとを繰り返し詠まれた作者。この新アララギのホームページにおいても、長年熱心にご指導くださった。去る十月十八日に永眠された。九十歳。


バックナンバー

2000年10月

2000年11月

2000年12月

2001年01月

2001年02月

2001年03月

2001年04月

2001年05月

2001年06月

2001年07月

2001年08月

2001年09月

2001年10月

2001年11月

2001年12月

2002年01月

2002年02月

2002年03月

2002年04月

2002年05月

2002年06月

2002年07月

2002年08月

2002年09月

2002年10月

2002年11月

2002年12月

2003年01月

2003年02月

2003年03月

2003年04月

2003年05月

2003年06月

2003年07月

2003年08月

2003年09月

2003年10月

2003年11月

2003年12月

2004年01月

2004年02月

2004年03月

2004年04月

2004年05月

2004年06月

2004年07月

2004年08月

2004年09月

2004年10月

2004年11月

2004年12月

2005年01月

2005年02月

2005年03月

2005年04月

2005年05月

2005年06月

2005年07月

2005年08月

2005年09月

2005年10月

2005年11月

2005年12月

2006年01月

2006年02月

2006年03月

2006年04月

2006年05月

2006年06月

2006年07月

2006年08月

2006年09月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

2007年01月

2007年02月

2007年03月

2007年04月

2007年05月

2007年06月

2007年07月

2007年08月

2007年09月

2007年10月

2007年11月

2007年12月

2008年01月

2008年02月

2008年03月

2008年04月

2008年05月

2008年06月

2008年07月

2008年08月

2008年09月

2008年10月

2008年11月

2008年12月

2009年01月

2009年02月

2009年03月

2009年04月

2009年05月

2009年06月

2009年07月

2009年08月

2009年09月

2009年10月

2009年11月

2009年12月

2010年01月

2010年02月

2010年03月

2010年04月

2010年05月

2010年06月

2010年07月

2010年08月

2010年09月

2010年10月

2010年11月

2010年12月

2011年01月

2011年02月

2011年03月

2011年04月

2011年05月

2011年06月

2011年07月

2011年08月

2011年09月

2011年10月

2011年11月

2011年12月

2012年01月

2012年02月

2012年03月

2012年04月

2012年05月

2012年06月

2012年07月

2012年08月

2012年09月

2012年10月

2012年11月

2012年12月

2013年01月

2013年02月

2013年03月

2013年04月

2013年05月

2013年06月

2013年07月

2013年08月

2013年09月

2013年10月

2013年11月

2013年12月

2014年01月

2014年02月

2014年03月

2014年04月

2014年05月

2014年06月

2014年07月

2014年08月

2014年09月

2014年10月

2014年11月

2014年12月

2015年01月

2015年02月

2015年03月

2015年04月

2015年05月

2015年06月

2015年07月

2015年08月

2015年09月

2015年10月

2015年11月

2015年12月

2016年01月

2016年02月

2016年03月

2016年04月

2016年05月

2016年06月

2016年07月

2016年08月

2016年09月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年01月

2017年02月

2017年03月

2017年04月

2017年05月

2017年06月

2017年07月

2017年08月

2017年09月

2017年10月

2017年11月

2017年12月

2018年01月

2018年02月

2018年03月

2018年04月

2018年05月

2018年06月

2018年07月

2018年08月

2018年10月

2018年11月