作品紹介

選者の歌
(平成31年2月号) < *印 新仮名遣い >


  東 京 吉村 睦人

アララギの選者なりし我等なり頑張り合はむと別れ際に言ひき 追悼小谷稔氏
佐紀の野の上村孫作邸訪問も君の導きありて為したり


  東 京 雁部 貞夫

梯子のり難なくこなし猿の次郎昂然と立つ群衆の前
この猿に見覚えのあり去年こぞの秋銀座の広場に人集めゐき


  さいたま 倉林 美千子

野の萩を手折りて歩む傍らに声かけくるる君はいまさず
西大寺にて待つと言ひしは六日前み声は耳に残れるものを


  東 京 實藤 恒子

歌に関はるが無上のよろこびと歌会に出で病を忘れ無理したまひき
そのやさしき筆の跡を偲びつつ花に埋もるるうつしゑにむかふ


  別 府 佐藤 嘉一

災害に備へ買ひしラジオにてギター爪弾くを寝ころびて聞く
ダイヤルを合はせゐて入る放送大学の「宇宙の進化」想像しつつ聞く


  四日市 大井 力

君を葬り帰る車窓の外昏れて十二夜の月かがやき初めぬ
東一華に今年花なきをいぶかりてそして七箇月のちの君の訃


  小 山 星野 清

この朝の新聞に紅葉の写真載れば言はるるままに出でて来たりぬ
戦後初の安居会のことは知らず間なく宿りき古峰神社に


運営委員の歌


  甲 府 青木 道枝 *

降りいでし雨に水の輪いちめんに数かぎりなし高はらの池
木道を踏みゆくわれを包みては葦群なびき風の中なり


  札 幌 内田 弘 *

イヤホーンに深夜放送の演歌を聞けば今日は昨日の単なる連続
エレベーターが下りれば怒りは収まれど地下に着けばまたぶり返す


  横 浜 大窪 和子

まみえむと願ひて訪ひし明日香の里いづこ向きても在りしみ姿
失ひし『牛の子』をアマゾンに検索し一冊見つけました小谷先生


  東広島 米安 幸子 *

椎茸の榾木に残る蝉の殻いまだ意志のあるごとく踏張る
脱皮の後わづか十日の命なりし蝉の抜け殻に心のうごく


  能 美 小田 利文

大和への旅仕度せり先生の急逝告ぐるメールのありて
奈良行きの特急電車に飛び乗りて鞄より出だす歌集『黙座』を


  島 田 八木 康子

嫁ぎ来し我との日々の姑の心を思ふ今にやうやく
北窓の目と鼻の先アオサギか不意に音なくゆるく飛び立つ


  柏 今野 英山(アシスタント)

惚けてもよく笑ひよく歌ひたる母の元気はもう戻らぬか
延命の治療こばみし母の意志つらぬく勇気があるのかわれに



先人の歌


  宮地伸一全集より

まざまざと息たゆるさま見るものか堪へたへて長き苦しみのはて  十月二十五日
三十分前にはハイといらへしを窓白み来て今はなきがら
頭下げて医師は去りたり灯のしたにまだあたたかき妻の手をとる
汝が髪を撫でつつおもふこの髪の白くなるまで命なかりき
病疑ふ心をあへて言はざりし妻を思へばわが堪へがたし

 妻の死を目の前にしての絶唱である。昭和五十一年のことである。

大井 力


バックナンバー

2000年10月

2000年11月

2000年12月

2001年01月

2001年02月

2001年03月

2001年04月

2001年05月

2001年06月

2001年07月

2001年08月

2001年09月

2001年10月

2001年11月

2001年12月

2002年01月

2002年02月

2002年03月

2002年04月

2002年05月

2002年06月

2002年07月

2002年08月

2002年09月

2002年10月

2002年11月

2002年12月

2003年01月

2003年02月

2003年03月

2003年04月

2003年05月

2003年06月

2003年07月

2003年08月

2003年09月

2003年10月

2003年11月

2003年12月

2004年01月

2004年02月

2004年03月

2004年04月

2004年05月

2004年06月

2004年07月

2004年08月

2004年09月

2004年10月

2004年11月

2004年12月

2005年01月

2005年02月

2005年03月

2005年04月

2005年05月

2005年06月

2005年07月

2005年08月

2005年09月

2005年10月

2005年11月

2005年12月

2006年01月

2006年02月

2006年03月

2006年04月

2006年05月

2006年06月

2006年07月

2006年08月

2006年09月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

2007年01月

2007年02月

2007年03月

2007年04月

2007年05月

2007年06月

2007年07月

2007年08月

2007年09月

2007年10月

2007年11月

2007年12月

2008年01月

2008年02月

2008年03月

2008年04月

2008年05月

2008年06月

2008年07月

2008年08月

2008年09月

2008年10月

2008年11月

2008年12月

2009年01月

2009年02月

2009年03月

2009年04月

2009年05月

2009年06月

2009年07月

2009年08月

2009年09月

2009年10月

2009年11月

2009年12月

2010年01月

2010年02月

2010年03月

2010年04月

2010年05月

2010年06月

2010年07月

2010年08月

2010年09月

2010年10月

2010年11月

2010年12月

2011年01月

2011年02月

2011年03月

2011年04月

2011年05月

2011年06月

2011年07月

2011年08月

2011年09月

2011年10月

2011年11月

2011年12月

2012年01月

2012年02月

2012年03月

2012年04月

2012年05月

2012年06月

2012年07月

2012年08月

2012年09月

2012年10月

2012年11月

2012年12月

2013年01月

2013年02月

2013年03月

2013年04月

2013年05月

2013年06月

2013年07月

2013年08月

2013年09月

2013年10月

2013年11月

2013年12月

2014年01月

2014年02月

2014年03月

2014年04月

2014年05月

2014年06月

2014年07月

2014年08月

2014年09月

2014年10月

2014年11月

2014年12月

2015年01月

2015年02月

2015年03月

2015年04月

2015年05月

2015年06月

2015年07月

2015年08月

2015年09月

2015年10月

2015年11月

2015年12月

2016年01月

2016年02月

2016年03月

2016年04月

2016年05月

2016年06月

2016年07月

2016年08月

2016年09月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年01月

2017年02月

2017年03月

2017年04月

2017年05月

2017年06月

2017年07月

2017年08月

2017年09月

2017年10月

2017年11月

2017年12月

2018年01月

2018年02月

2018年03月

2018年04月

2018年05月

2018年06月

2018年07月

2018年08月

2018年10月

2018年11月

2018年12月

2019年01月